FC2ブログ

70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

今川信号場-越後寒川 (羽越本線) 1971 

imagaea_03-Edit.jpg

北海道連絡特急<はつかり>の姿は、水戸の祖父祖母の家に帰省した折に市民プールから見下ろせた常磐線の築堤際に立って眺めていた。151系電車の流れで高運転台を採用した特急列車らしいフォルムのキハ81には憧れたものだった。道内の<おおぞら>がこれで無いのを恨めしくも思ったりしていた。
勿論、ハーフ判の写真機は手にしていたのだけれど、拙過ぎてとてもここに掲示出来るようなカットは無い。

東北本線盛岡以北の電気運転化にともない1968年9月9日の上りを最後に<はつかり>運用を離脱したキハ81の6両は、同日の下りより上野-秋田間特急<つばさ>に運用されることになった。この姿は一度だけ福島駅で見かけてはいたが、被写体として再会するのは羽越本線の蒸機を撮るようになった71年以降で、上越国境を越えて同線を運転していた<いなほ>だった。
1969年10月1日改正における設定に際して秋田機関区に転じた20両は、キサシ80を動力車化したキシ80 900番台の2両を含み、1両の2次形キシ80を除けば全て1次特急形で占められていた。2次形とは一部仕様が異なり、扱いの統一を図ったものだろう。72年3月改正での所定編成の7両から9両への増結の際にも、<つばさ>転用時に余剰となりキロ80からキハ82/キハ80 900番台に改造されて向日町所や鹿児島所に転じていた1次形が呼び戻されている。

残念であったのは、<つばさ>の福米間機関車牽引の関係上撤去されていたキハ81全頭部の連結器カヴァが、<いなほ>運用となっても復帰しなかったことである。連結器の露出した姿は、丸みのあるそのデザイン上からは画龍天晴を欠くものであった。これは和歌山機関区で<くろしお>運用を経て交通科学館に保存された今も同様である。
尾久客車区で処分したとも思えず、紛失ではないだろうか。先頃廃止を目前にした梅田駅の倉庫から古い時代の用具やら資料の発掘されたように、尾久区の開かずの資材庫の片隅に埋もれている可能性も高い。その際には、ぜひ大阪のキハ813に復活させたいものである。

宝来山トンネルと脇川トンネルの中間地点。標高88メートルの蓬莱山は変わらないけれど、そこを往く国道はご覧のとおりの泥道だった。
羽越本線は晩秋ともなれば時雨の日が続く。それに濡れる鉄道線路は、そこには似つかわしい景観に違いない。

[Data] NikonF+P-AutoNikkor50mm/F2 1/125sec@f4 Y48 filter NeopanSSS Edit by PhotoshopLR4 on Mac.
関連記事

コメント

Re: 泥道国道

こんばんは。

当時の2級国道てのは、何処でもこんなでしたね。
この直後、70年代半ばから80年代に架けて急速に整備が進みました。
鉄道とて、非電化時代の裏縦貫線と云えば北陸線から信越線も、皆こんな細道でした。
機関車も一様にC51にC57。(C61の入った奥羽北線は特殊な事例と思います)
優等列車から貨物列車まで、通票閉塞に信号場で黙々と使命を果たして来た亜幹線には、惹かれます。

  • 2013/06/30(日) 23:31:01 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

泥道国道

こんにちは。

キハ81は正直な所カッコ悪と思っていましたが、どこか動物を思わせる愛嬌のある顔ですよね。

国道が泥道とは驚きです。道路がこういう状態である以上、鉄道の地位が高かったのも頷けます。

  • 2013/06/30(日) 19:03:02 |
  • URL |
  • 風太郎 #ORZvdv76
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/91-d7bbb718
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)