FC2ブログ

70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

大橋 (日立電鉄・日立電鉄線) 1976

hitachi_01-Edit.jpg

機関車屋で客車屋なものだから、電車は、専門分野ではない。まして、ルーラル鉄道の私鉄線となれば手が回らない。
撮るにしても、単行列車は苦手で、遠目にも存在の主張出来る編成列車が良い。これは、モノクロで撮っていたからなおさらなのである。
この日立電鉄線に幾度か通うのは、60年代末に近隣に住む祖父母のもとへ帰省した折、大甕駅で見かけた木造の「大昔の電車」の鮮烈な記憶による。ルーラルな私設鉄道の深淵を些か意識した訳である。
当時在住の札幌にも定山渓鉄道が健在だったのだが、そこには既に近代的デザインの全金属製電車が走っていたのである。

この70年代には、その「大昔の電車」はここを去っていたのだけれど、形式を一にしても一両毎に形態の異なる保有車両群や、全線を乗ってみての、古い住宅街の軒先をかすめる鮎川方、田園地帯を往く常北太田方とも低規格の軌道の続く淡々とした沿線には興味のそそられたものであった。ルーラル私鉄にのめり込む入口にも思えたが、そこは機関車屋の本分なのか、この線区だけの興味に終わっている。

写真は、交換駅大橋に進入する鮎川行き。
昼間閑散時の単行運転用にワンマン改造を施されたモハ11形式のモハ12である。1948年日立製作所で新製の自社発注車と云われているが、戦後の車両不足の頃であり、帝都高速度交通営団が銀座線用に発注した構体を無理に振り向けさせたのが実情のようである。
大橋は、住宅街を越える高架線を急勾配で下った位置に在って、停車のブレーキ操作には技術の要ったものと思う。

さて、先の「大昔の電車」とは、日立電鉄のデワ101。元をただせば鐵道院のナデ6110形の6141で、今は大宮の鉄道博物館に在る。電機品を復元して自走可能と聞く。

[Data] NikonF2A+AiNikkor50mm/F1.4 1/250sec@f8 Non filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopLR3 on Mac.
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/9-ac13e677
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)