FC2ブログ

70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

南木曽-田立 (中央本線) 1972

tadachi_01-Edit.jpg

信州を嘗めてはいけなかったのだ。
北海道に暮らしていた身としては9月末の長野県下など、秋のほんの入口程度の認識しかなかったのである。
暑さの残る上野から乗った夜行<妙高>を降りた早朝の長野で、その寒さに震え上がることになってしまった。それは勿論軽装に過ぎたせいで、北海道の遥か南がこれほどとは露にも思わなかったのである。待合室に見つけた味噌汁屋のなめこ汁で、ようやく一息ついたのを忘れられない。
この72年の信州旅行は翌年夏に電化開業を控えた篠ノ井・中央西線の撮影であり、<アルプス>で塩尻に向かわなかったのは未乗だった横軽間の通過体験のためであった。空いた車内でジュースの空き缶を転がして見た覚えが在る。
勿論、信州一般用均一周遊券を手にしており、名古屋-長野間に運転していた夜行の<きそ>を宿代わりにする算段だったのだが、周遊区域端の中津川が深夜・早暁とあっては使い勝っての悪く、結局は塩尻や松本での駅寝で過ごすことになった。

電化開業の10ヶ月前ともなれば、電化柱はほぼ全線に渡って建植され、架線の吊架済みの区間も存在したのだが、別線による新線切替が予定されていた南木曽から田立の区間は現状を維持しており、勢い鉄道屋を集めることになっていた。とは云え、昨今の鉄道沿線の騒ぎとは異なり、一日を過ごしてもせいぜい一人二人に出会う程度ではあった。

ここでの定番は関西電力読書発電所近傍に存在した第五木曽川橋梁で、1907年アメリカンブリッジ製ピン結合の300フィート型下路式ペチットトラスの豪快な橋梁であった。勿論ここの開通時から存在して、当時としては破格の大型橋梁である。
橋梁上を往くのは873列車、稲沢操車場から塩尻までの線内貨物である。荷は軽くて補機は無い。

[Data] NikonF PhotomicFTN+P-AutoNikkor50mm/F2 1/500sec@f4 Y48filter  NeopanSSS  Edit by PhotoshopLR4 on Mac.
関連記事

コメント

Re: はじめまして

ご訪問ありがとうございます。

確かにここは、通信線のウルサイところでしたね。
このカットでは救われていますが、光線の角度によっては
目立つどころではなかったように記憶していて、それがタマにキズの橋梁でした。
旧田立駅の信号場上がりらしい佇まいも好きでした。

こちらこそ、今後ともよろしくお願い申し上げます。

  • 2013/07/07(日) 10:27:06 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

はじめまして

風太郎さんのブログから参りました。
ここは懐かしい場所です。
といっても、私が訪問したのは春闘さなかの
73/3/2。D51牽引貨物とキハ82系「しなの」
を撮影(しかも不期遭遇)したのみです。
順光サイドは電線がうるさく、しかし立派な
トラス橋を望遠で切り取るのは抵抗あり、
再訪したい場所だったのですが・・・。
今後ともよろしくお願いします。

  • 2013/07/06(土) 13:46:00 |
  • URL |
  • マイオ #pcU4xDNY
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/86-5b15e735
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)