FC2ブログ

70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

福来信号場-焼石 (高山本線) 1983

fukurai-SS_01-Edit.jpg

高山本線の高山以南区間には4箇所に信号場が設けられている。
下呂近傍の少ケ野を除けば1967年から68年の設置で、68年10月1日改正における特急を含む優等列車の増発に対応したものである。
信号場は長い既存停車場間の中間地点に設けるのが理想ではあるけれど、用地取得や工事などの諸問題に多々左右される。それを理解しても、ここでは4場ともに9キロから10キロの停車場間に対して偏った位置での設置が共通している。少ケ野は狭隘な下呂構内での貨物扱いを分離した貨物駅が、その扱の廃止により信号場として残存したもので停車場間の1.7キロもそれ故と知れる(*)。
他の飛水峡、鷲原、福来の何れもの上り方停車場より3キロ程の位置は偶然であろうが、ダイヤ作成上には些かの配慮を生じたものと思う。それでも高山本線程度の列車回数であれば十分に機能するとの判断なのだろう。当時に多く設定の在った貨物列車の速度からは、勾配の下側に偏るのは寧ろ好都合であったのかも知れない。
(*) - 1937年の開設時より下呂の構外貨物施設であった。営業上には同駅の構内扱いにてキロを設定しなかったのだろう。

飛騨金山から焼石の9K400Mは、その大半が益田川の狭谷沿いに路盤を設けている。中間地点は下川渡トンネルの前後なのだが、そこでの工事経費や工期を勘案して峡谷入口にあたる野首集落に福来信号場が置かれた。福来の名称はここの大字地名を取ったものである。高山以南区間のCTC制御施行に際しての1968年9月28日の使用開始なので当初より要員配置は無い。
ここで益田川に注ぐ福来川の谷あいも含めれば周辺にはそれなりの居住人口のあるゆえ、駅としての設置を旧金山町が要請しなかったものか、とも思う。国鉄岐阜工事局50年史にはそこまでの言及は無く、「金山町誌」(1975年金山町・注-史とはされていない)は未見なのだが、福来地区よりも居住者の多い対岸の中切集落からの駅利用に関わる益田川への架橋要求を回避したと云う見方は穿ち過ぎだろうか。もっとも地域移動は道路交通の時代を迎えていたのが正解かもしれない。

列車は714D<のりくら4号>、高山始発の名古屋行きである。
この当時の高山本線は、まだ中部地方横断線と認識されていた時代であり、5往復設定の<のりくら>は4往復が岐阜-富山間を通して運転し、夜行を含む内2往復は金沢発着であった。(他に<ひだ>1往復が同じく金沢発着)
運用は名古屋第一機関区と美濃太田機関区が分担し、双方とも高山線内で岐阜方となる基本編成の4号車はキハ57が所定とされていた。
後方は第一益田川橋梁(135M)。

[Data] NikonF3P+AiNikkor105mm/F2.5S 1/250sec@f8 Non filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopLR3 on Mac.
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/82-facd1354
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)