FC2ブログ

70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

会津田島 (会津線) 1971

aizu-tajima_01-Edit.jpg

福島県の会津地域には31軒の造り酒屋を数える。(福島県酒造協同組合加盟蔵/休醸場を含む)
酒蔵の淘汰の進む現代としては珍しい密集域なのである。この内の4軒の蔵元は南会津と呼ばれる人口希薄な山間地に所在している。「金紋会津」の会津酒造、「國権」の国権酒造、そして「開當男山」の開當男山酒造の3軒が、大川(阿賀川)の谷間に僅かばかり開けた田島盆地に、そして、そこから国道269号線を辿り駒止峠を越えて只見側水系の谷に抜けた旧南郷村に「瑞祥花泉」の花泉酒造がある。
この花泉酒造は、1920年と云う比較的近年に「雪深い季節に思うように酒が届かない」ことを事由に設立されたものである。その時点では地元素封家の起業であったかもしれぬのだが、戦前の不況下で一度倒産し、その際に「自分たちの酒は自分達で造ろう」と資金の零細ながら篤農家により再興された蔵でもある。戦後には、杜氏を招聘することなく、地元の手で、地元の米と水での醸造は酒蔵の本来の姿でもあり理想でもある。その酒は、濃醇で辛口、後味の良く呑み飽きしない。所謂捌けの良い酒である。

この南会津のどの蔵も年間一千石程の石高(生産量)と思われ、かつてはほんの少量が都内に流通するのみで、蔵元に特約店や問屋ルートを尋ねて出向いても入手出来るとは限らなかったのだが、地元での消費が頭打ちとなる中で、各蔵とも地酒の認知が進む大消費地である首都圏流通の整備を進めて、今では丹念にデパート関係を回れば巡り合える確率は高くなった。(「酒は出会い」と思っているので、ネット上での通販などは一度訪問した蔵を除けば、敢えて使っていないのである)

会津線の終点、会津滝ノ原を日光線の今市に結ぶ野岩線は、鉄道建設公団によるAB線(地方交通線)として1965年には山王トンネルの掘削に着手していたのだが、この71年当時に山峡の奥まったそこに降り立って線路の終端や、使われなくなった手動の転車台を眺めれば、まだまだ現実感のないものであった。紆余曲折の末、それは電気運転を採用した野岩鉄道会津・鬼怒川線として86年10月に開通し、4年後に電化は会津田島に及んでここは東武鉄道を介して首都圏に直結する駅となっている。一度このルートで会津若松へと抜けたことはあるけれど、電車に揺られる旅はそれがかつてC11が走った同じ線路とは俄には信じられないのだった。

この1971年当時、上り1392列車に対して会津田島-上三寄間に設定されていた補機運用は、ほとんど施行されなかったのだが、この日は、午後の1393列車がそれの送込回送である単363のスジにて運転された関係にて、会津田島の機関車駐泊所では2両のC11が煙を上げていた。
今、会津鉄道の車両基地検修庫のある位置である。

[Data] NikonF+P-AutoNikkor50mm/F2 1/125sec@f5.6 Y48 filter NeopanSSS Edit by PhotoshopLR3 on Mac.
関連記事

コメント

Re: 会津線

こんばんは。
随分と以前の記事にコメントを頂戴いたしまして恐縮です。
会津滝の原、今の会津高原尾瀬口の変わり様にも驚かされますが、もっとも変貌したのは、この会津田島と思います。
この当時にも、貨物扱いに忙しい駅でしたけれど、今や鄙びた雰囲気は微塵もありませんね。

東武鉄道と云えば、近年の大ヒットは新宿乗入れでしょうね。まさか、東武特急を新宿駅で眺めるとは思ってみませんでした。
あわてた小田急に、地下鉄乗入れ特急車を製作させ、北千住で仇を取らせるあたりのインパクトがもの凄い。

  • 2013/12/10(火) 23:10:42 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

会津線

こんにちは。
本当に貴重なお写真満載で、じっくり楽しく拝見させて頂いています。
大手鉄道会社の事業規模、というよりもむしろ野望には、その時間軸やスケールで感心させられることがあります。
私にとっては東武鉄道はその代表例、気付けば、日光・鬼怒川にとどまらず、会津までの一路を確保し、片方で都心へは、自社での延長を望みつつ、現実論で地下鉄との直通を4路線で実施するに至りました。
これらを創業以降の長い時間の中で、現実のものにしてきている点、短期的な視点ではなかなかなし得ないと感心してしまいます。
今は、この駅にも東武の電車が当たり前に発着しています。深い山中を走る野岩鉄道と共に、私鉄離れした車窓の変化を楽しみに訪れたい路線です。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

  • 2013/12/10(火) 17:04:06 |
  • URL |
  • 風旅記 #O7xVy9HA
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/56-f1dd925c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)