FC2ブログ

70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

野矢 (久大本線) 1986

noya-Edit.jpg

福岡に仮住まいの頃、仕事のオフに東京へ戻らなければ久大本線に通ったことは前に書いた。
その沿線は湯布院を筆頭に温泉地が点在していたから、当然泊まってみようと気にはなる。とは云え、湯布院は田園に開けた温泉だったし、日田温泉は市街地の川縁りに湧いていた。玖珠川に面した天ケ瀬温泉も良かったのだけれど、やはりそれは山間に分け入ったイメージの有って、筋湯温泉を地図から探し出したのである。
地熱地帯の九住連山には、それこそ数多くの温泉の散在するのだが、そこは大分県道40号線を牧の戸峠へ上り詰める手前の標高1000メートルに近い山峡な上に、豊後中村からそれなりのバス便数もあるのだった。
当てずっぽうで予約を入れた宿は「ホテル太船」と云った。2階建てのこじんまりした宿で古い建物だけれど居心地が良く、以後常宿にしていた。ここへは久大本線撮影ばかりでなく、博多での仕事先事務所の連中も誘って車を出させても通ったのである。

この宿自体には内湯しかないのだが、そこの勝手口から眼と鼻の先に露天の共同浴場が在った。近いものだから、そこまで燗酒や肴を届けてくれたのである。酒が切れれば、浴衣を引っ掛けて追加を頼みに行けば良かった。
冬の夜だったと記憶するが、仲間3人で例によってこの露天で呑んでいた。熱い湯に浸かりながらだから、なかなか酔わないのである。何度かのオーダーで二合徳利20本あまりを呑んでしまい(4升である)、再び勝手場を訪ねると、よほど呆れられたものか一升瓶をそのまま渡されたことがあった。それは温泉の湯につければ、ほどよく燗がついた。

写真は、水分トンネルへの勾配を登る601D<由布1号>。
沿線は野上川の狭い谷に棚田が続く。小屋のように積み上げた稲束は、それの乾燥だと思うのだが、あまり見かけない独特のものだ。シートのほっかぶりこそ無いものの、北海道での豆のニオ積みに似ている。なんと呼ぶのかは聞き逃している。

この記事に際して調べてみると、「ホテル太船」は「旅館山の宿太船」として現在も盛業の様子であった。改装はされているが、建物自体は当時のままにも見える。
件の露天風呂の共同浴場は、「岩ん湯」との名称を与えられ有料化されていた。行けばいつでも入浴出来たものが、「薬師湯」との隔日交互の男女別湯化により混浴が解消されたのは時代の流れか。時間も22時までに制限がかけられた。

[Data] NikonF3P+AiNikkor105mm/F1.8S 1/500sec@f4 Fuji SC42filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopCS3 on Mac.
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/55-f6965d57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)