FC2ブログ

70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

飯浦 (山陰本線) 1974

iinoura_01-Edit.jpg

そこの蒸機運転末期にあたる1974年の春先から秋口にかけて、何度か山陰本線に通った。一般用山陰均一周遊乗車券の自由周遊区間は綾部から長門市までの山陰本線を含んでいたけれど、末期とあっては、訪問はもっぱら米子以西区間に限られた。都区内発着のこれは、乗車船経路に東海道/山陽本線からの横断線の全てが指定されていて魅力だったのだが、やはり所要時間と効率の関係で新幹線接続の伯備線<やくも>か寝台特急<出雲>の利用とならざるを得なかった。それでも、芸備線に木次線、山口線、美祢線には、この機会に乗っている。どれも気動車急行で通り抜けたから隔世の感がある。
この74年に道内行きの少ないのは、これによる。

蒸機運転の末期ながら浜田以西区間にDD51の入線はなく、一部に米子機関区のDF50の牽引列車のあったものの多くが浜田や長門のD51に牽かれており、撮影効率は良かったのである。これは秋の無煙化まで変わらなかった。
とは云え、その山陰線区間は長大で事前のロケハンも困難とあっては、勢い事前の5万分の一地形図での調査に頼らざるを得ず、見逃したポイントも多い。

写真は、飯浦の集落を見下ろして人形トンネルへの25パーミルを上る828列車。下関から米子まで、10時間余りをかけて走っていた。
ここも、内陸へと旋回して停車場に至る線形から見逃していて、人形トンネルを出た下り列車からの眺望に思わず降り立ったのだった。飯浦漁港の防波堤からは、それを前景に、この地方らしい石州瓦の家並みに列車を画角に取り込める数少ないポイントであった。
今この区間がキハ120の単行列車もしくは2両組成で間に合う輸送量と聞けば、後部の郵便荷物車を含む6両編成の列車には感慨を覚える。もちろんキハ80系列の特急<まつかぜ>も食堂車を含む7両で駆け抜けていた。

右端のクラシックな建物は、ここの漁協で、寄せ棟のジャンルである方形(ほうぎょう)屋根に瓦が印象的だった。
強い西日だけれど、穏やかな夕刻である。

[Data] NikonF2A+AutoNikkor105mm/F2.5 1/500sec@f8 Y48filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopCS3 on Mac.
関連記事

コメント

Re: こうなっていたか

飯浦。
こうなってました。
情報もロケハンも乏しいままに出掛けてましたから、人形鼻からのカットなぞ初めて知ったくらいです。
でも、私もそんな芥子粒写真を飯井と三見の間で撮りました。何れお目に掛けると思います。
子供の頃から魚好きで、そのせいか漁港とか漁師小屋に浜番屋があれば、近づいてしまいます。
大人になっての、それを肴に呑む生活は運命付けられていた訳です、かね?。
リンク、有り難いお話です。早速当方も。

  • 2013/08/10(土) 01:30:11 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

こうなっていたか

飯浦。
私は漁港には目もくれずに、人形鼻から
戸田小浜方の築堤と湾入を撮ってました。
ただ、いかんせん遠すぎる(芥子粒)のと
下り列車はスカ。背景に呑まれて残念な画
しか撮れず。
漁港に足を向けていれば・・・。
ところでリンクさせてただいてもよろしい
でしょうか?

  • 2013/08/09(金) 22:18:36 |
  • URL |
  • マイオ #pcU4xDNY
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/46-f509b482
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)