FC2ブログ

70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

千畳敷臨時乗降場 (五能線) 1971

senjojiki_01-Edit.jpg

青森県西津軽郡深浦町に所在の千畳敷海岸は、1793年2月8日(旧暦1972年12月28日)の深浦・鯵ヶ沢を中心とした地震による隆起地形(段丘面)である。後に津軽藩主の保養地となり、その平坦地形に畳を敷いて宴を張ったとの故事から「千畳敷」と名付けられ、五能線の全通する1930年代の観光ガイドブック、例えば三省堂発行の「鉄道旅行図」などにも「奇勝 千畳敷」として特記されていたから、全国的なプロモウションはなされていたものと思われる。
けれど、如何に奇勝と云えども、戦前期の鉄道による観光旅行者など限られた時代に、ましてこのような北辺の地を訪れる遊山客なぞ稀であったのだろう。そこに隣接して通過する五能線に旅客乗降設備の設けられたのは、戦後の1954年7月7日と記録される。これとて、観光客誘致と云うより海水浴客の便宜を図ってのことであった。

この仮乗降場は、1969年10月1日付にて晴れて鉄道公報に公示され臨時乗降場となるも、粗末な木製の乗降場の置かれた実態に変わりは無かった。東日本旅客鉃道への承継後に臨時駅を経て正駅となった現在では、全列車が通年停車しているが、この71年当時も海水浴臨時駅の性格が強く、その短いシーズンに日中の数本が停車するのみであった。
9月も末とあれば一夏の賑わいも去って停車列車は無く、ここまで鯵ヶ沢と深浦間に運行のバスを利用した覚えがある。国道沿いに並ぶ飲食店も大半が既に店仕舞しており、僅かに奥の1店だけがドライブ客相手に営業していたものである。

写真は、千畳敷臨時乗降場を「通過」する混合1737列車弘前行き。夏の間ならば停車し客扱いの在るのだけれど、日によって実車両数の異なる貨車編成が客車の前位となる組成で、如何にして客車編成を短い乗降場に合わせていたものか。速度を十分に低下させての「目視」の他に考えられない。

[Data] NikomatFTN+AutoNikkor105mm/F2.5 1/250sec@f5.6 Y48 filter Tri-X(ISO400) Edit by PhotoshopLR3 on Mac.
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/43-8ca257a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)