FC2ブログ

70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

落合川 (中央本線) 1988

ochiaigawa_01-Edit.jpg

いつもは大垣夜行で始めていた高山本線行きを、この日は久し振りで中央西線に乗って見たくなり八王子から夜行<アルプス>を利用した。松本で<しなの2号>に乗換えて沿線を眺め、多治見で太多線へ乗継げば昼前には美濃太田に着ける算段である。
けれど、好天の車窓を見る内に、そのまま通り過ぎるのが惜しくなってしまったのだった。

落合川は蒸気撮影の時代から幾度か撮っていて、勝手知ったる場所である。中津川から国道19号線を坂下方面への濃飛バスに乗れば、それは木曽川右岸の斜面の中腹を往くから、眼下に落合川の谷を見下ろせた。一日を、この国道からの俯瞰に決めて一番塩尻寄りの第一木曽川橋梁から撮り始めたのだった。
ここは、山峡を往く西線区間の西端で谷も緩やかとなり、関電の落合ダムにて堰止められた木曽川の水面も広がる開放的な地形である。対岸も含めて斜面には見事な棚田が連なって、そこに民家が点在し、加えての杉木立と竹林の共存が、ここでの景観を特徴付けでいた。それは俯瞰しても、駅から仰ぎ見ても好ましい風景で、斜面や河畔には料理旅館や割烹の店が数軒存在していて、隠れ里的な情緒も感じられるのである。

写真は、新第二落合山トンネルへと向かう7016M<しなの16号>。後追いになる。
夏至までひと月の遅い日差しが、山峡に長い影を引くまで待って撮っている。

[Data] NikonF4s+AiNikkor50mm/F1.4S 1/500sec@f5.6 Fuji SC56filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopCS3 on Mac.
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/41-7624519a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)