FC2ブログ

70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

伊佐領 (米坂線) 1971

isaryo-Edit.jpg

米坂線の定番ポイントだった弁当沢隧道と眼鏡隧道に挟まれたアーチ橋、眼鏡橋梁である。

勿論、それは平行する国道113号線の橋から俯瞰気味に見るのがセオリーなのだが、この日、伊佐領から歩くうちに風雪の強くなり、仕舞いには吹雪の中を現場に到達する有様だった。

実は、この時「イケナイこと」を体験した。
外の風雪があまりにも激しく、とても国道橋上になど立っておられずに、谷沿いの旧道跡である雪道を辿って隧道内部に避難したのだが、上り貨物の時間は迫っても、まともに撮れる天候でなく、イケナイことと知りつつも、どうせなら保線職員のごとくに「力行する蒸機列車と隧道内で遭遇」してみたくなったのだった。
内部の待避所で、見つからぬよう奥の壁に張り付いて待ったそれは、爆音に、轟音に、振動に、そして充満する煙、煙、煙、の想像を遥かに越える事態に恐怖感すら覚えて、この672メートルの弁当沢トンネルを、遥かに列車の抜けるのを待ち切れずに飛び出してしまった。
後年(だいぶ後である)、保線関係者に伺うと、蒸機時代に勾配区間隧道内での退避は、彼らですら基本的に回避していたと知った。もちろん、窒息の危険からである。

吹雪のやや収束した頃、絶気運転の9600が墨絵の風景を音もなくすべる。
列車は混合125列車、坂町行きである。

[Data] NikonF+P-AutoNikkor50mm/F2 1/500sec@f5.6 Y48filter NeopanSSS Edit by PhotoshopCS3 on Mac.
関連記事

コメント

Re: タイトルなし

こんばんは。

いつもありがとうございます。
ご無沙汰してしまって、申し訳ありません。

道内版も、まだまだ続きますので、こちらの更新は「ぼちぼち」かも知れませんが、
よろしくご愛顧の程お願いたいします。

  • 2012/11/20(火) 01:36:47 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

こんばんは。
monochromeの北海道いつも楽しみに拝見してます。
新たなブログのスタート、嬉しいニュースですね。楽しみが増えました。
更新楽しみにしてます!!

  • 2012/11/18(日) 17:48:22 |
  • URL |
  • taisho100nen #xsUmrm7U
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/4-33eb99d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)