70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木曽平沢 (中央本線) 1972

kiso_hirasawa_01-Edit.jpg

この平沢にせよ、奈良井にせよ、中山道の最高所たる鳥居峠を直近に控えた木曾山中とは思えぬ開放感と覚えている。奈良井川の側刻により谷が拡げられ、そこに規模は知れているとは云え市街地の形成されていたからだろう。奈良井は木曾十一宿のひとつに数えられる宿場町以来であり、平沢は古くからの漆器の生産地としての集落であった。ともに中山道が主要交通路だった時代からの建造物を残した佇まいに、当時に電通が国鉄と組んで仕掛けた「Discover Japan」なる誘客キャンペーンにて女性層への意図的なプロモウションの行われ、シーズンには観光客に溢れていたものだった。
まだまだ青臭い年頃だったゆえ、この年の中央西線往きはそれをも目当ての、いい加減な覚悟だったとは以前の記事で白状した通りである。なにせ、アロハシャツにショートパンツ、足元はサンダル履きだったのだから。

奈良井、平沢に贄川を加えた奈良井川沿いの集落の所在した旧楢川村は地理的に特異な位置に在る。
鳥居峠は列島の脊梁山脈を越えており、つまりは大分水嶺の峠であった。奈良井川は松本盆地で犀川に合流して、やがてはフォッサマグナの谷を日本海へと注ぐに対して、峠の向こうは木曽川の谷であり伊勢湾へと流れ下る。けれど東側の山稜を越えて隣り合う谷を北流する横川は伊奈谷に至ると南へと流れを変え、そこへ西流して来た天竜川に合流するのである。したがって、楢川村の東山稜も大分水嶺であり、奈良井川はそれの狭間を流れて、水源の茶臼山で東西分水嶺が接する。列島を俯瞰すれば、ほぼ中央を貫く分水界を構成する稜線はこの位置のみ、楢川村村域を迂回して大きく太平洋側に突出しているのである。特異な地形として良かろう。
成因は近隣のフォッサマグナにかかわる激しい断層活動の結果とは想像に難く無いけれど、その分野には全くの門外漢である。

木曽平沢に降りて駅前の国道を奈良井方に歩けば、程なく第三奈良井川橋梁に達する。ここは、当時には母沢集落の川沿いからの遠景が定番と記憶するが、同じ画角を撮りたく無かったものか、そこに他の撮影者のいないのを良いことに、サンダル履きのままに大きな石の河原を橋梁下まで接近した。
これも良く覚えているのだが、天空高くからの太陽光が橋脚にくっきりしたマッスを描くのがとても気に入り、それの陰ってしまうと本命だったはずのD51重連貨物を捨てて引揚げてしまった。戻った駅でそれを見送れば後悔も頻りだったけれど、この頃から技術の拙いながらも対象の蒸機であっても、行為を「写真」と捉えていた意識の左証とも思えて、今になれば些かに誇らしい。
列車は、「本命」前にやって来た6802D<きそ3号>。季節臨とは云え、キハ58の2両だけとは思わなかった運転である。

[Data] NikonF PhotomicFTN+P-AutoNikkor5cm/F2 1/500sec@f8 Y52filter NeopanSSS Edit by LightroomCC on Mac.

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/285-c3fb19fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。