70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼石 (高山本線) 1996

yakeishi_05-Edit.jpg

律令制に基づく東山道飛騨国の国府と云うから、奈良や平安の時代とあってはとても偲べるような古ではない。事実、それの正確な所在位置も確定出来ぬらしい。
とにかくに、それの置かれたことで中央(近江)とを連絡する官道が東山道の方県駅(現在の岐阜市長良)より分岐する支路として開かれ、駅路は方県駅-武義駅-加茂駅-菅田駅-下留駅-上留駅-石浦駅と経て国府に至ったと推定されている。基本的には木曽川から飛騨川の谷を遡る経路なのだが、それの山峡に激流を刻む区間は山中の峠を越えて迂回せざるを得ず、菅田駅(現在の下呂市金山町)から下留駅(現在の下呂市下呂)までも、今に中山七里と呼ばれる峡谷を避けて、火打峠・執幣(しっぺ)峠・久野川峠・竹原峠・初矢峠の五つの峠を越えていたのだった。
律令国家は、太宰府および五畿七道の全ての国府を連絡する交通路の整備に熱心であり、官道は最小でも6メートル程の幅員を規定していたらしく、切り立った峡谷斜面にそれを開くのは技術的工期的に困難であったのだろう。もっとも、初矢峠には鎌倉期には存在したとされる石畳が残るけれど、それの幅は2メートル程である。最小6メートルとは里道区間に限ってのことかも知れぬ。
この飛騨官道は謂わば支線区であったから、各国府とを往来する駅使の通行頻度から区分の大路、中路、小路では当然に後者であり、駅家(うまや)に繋がれた馬は五疋と推定されている。駅使は天皇より下賜の駅鈴に刻まれた刻印の数だけ、それと駅子(=駅家の掛員である)の徴用を許され、駅家から駅家へと旅したのだった。

金山町福来から比高300メートルばかりの火打峠を越えて下るのが門和佐川の谷である。東濃加子母村との境界を成す標高1000メートル程の稜線西斜面を水源に流れ下るこの河川は、山間を曲流して「和佐」の地名が生まれたのだろう。ワサはワザ、ワセとも云い、狭隘な谷の地形を指していた。
近年に開花期には照明のなされ、下呂温泉の旅館からは見学バスも走ると云う「苗代桜」は、この和佐集落の一角に所在する。Web上に開花状況が連日に速報されるほどで、それで気がついたのだけれど、この桜は高山線の第五飛騨川橋梁周辺のそれ →焼石-少ヶ野信号場 (高山本線) 1998 とほぼ同様の推移をする。線路の無いところへは往かない鉄道屋なので、門和佐川の谷を遡ったことはないし、和佐の暦櫻にも興味は無いのだけれど、同所での撮影スケジュール決定には毎年参考にさせてもらっていた。

門和佐川は、せいぜいに飛騨川へと注ぐ地点で透き通った水面を眺めた程度である。下原ダム貯水湖の湛水域がそこまで及んで、緩やかに流れる。
その位置には鉄道の門和佐川橋梁に並んで吊り橋の架けられていた。今は上流側の永久橋に替えて廃されたのだが、ついこの間の1980年代半ばまでは現役だった覚えがある。行者山の裾を回って線路へと続くだけの細道なのだけれど、かつてには焼石の集落を飛騨川対岸の益田街道に繋いでいたものと思う。
門和佐川橋梁を駆け抜けるのは1031D<ひだ11号>。

[Data] NikonF5+AiAFNikkor 50mm/F1.4D 1/250sec@f2.8+1/2 NONfilter EktachromeProfessional E100SW [ISO160/0.5EVpush] Edit by PhotoshopCC on Mac.

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/284-c2251e99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。