70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面白山信号場-山寺 (仙山線) 1980

yamadera_11-Edit.jpg

鉄道省秋田建設事務所が1939年3月に省内資料として作成した「仙山隧道工事並作並山寺間電化工事誌」は、残念ながら国会図書館に収蔵されておらず、関係自治体である宮城県図書館か山形県立図書館に出向かぬと閲覧が出来ない。おそらくは当時に鉄道省が両県に寄贈したものであろう。
仕方なく、土木学会誌の1937年8月号(第23巻第8号)に所載の当時の秋田建設事務所所長による論説報告「仙山線仙山隧道の直轄工事に就いて」や時報記事などからの推察に頼るのだが、山寺から延長となる仙山隧道山形方抗口までの区間は、1933年10月17日に仙山西線として開業した羽前千歳-山寺間と一体で建設されたものと思われる。路盤工事は勿論、橋梁なども架設され、既に軌道も敷設されていたことだろう。
仙山隧道の導抗掘削への着工は1935年4月1日と記録されるけれど、工事には抗口直近から山寺方500メートルの位置まで大規模な抗外施設の建設を要し、記録に在る掘削着手後の資材輸送ばかりでなく、これにも将来の営業線に運搬列車の運転されたはずである。

さらにはそれへの便乗扱いだろうが、スキー客輸送にも使われたと推定される。
2009年のシーズン以来に営業のなされず、施設の廃墟と化しているらしい南面白山の北斜面に所在のスキー場の開設は、仙山西線が山寺までを開業した1933年の鉄道省の手になる。1937年に仙山線の全通すればスキー場直下に面白山乗降場が置かれるのだけれど、それまでの4シーズンもスキー客の到達は鉄道に依っていたとしか思えぬのである。所部付近から南面白山の尾根に取り付けば、確かにスキー場斜面上部に達するが、山寺駅から直線距離としても6キロ、途中にピークをひとつ越える尾根筋は3キロ余り続く。
鉄道省にしてみれば全通後を見通した投資であるから、非営業線での便宜的旅客扱いも考えられぬではなかろう。今のところ確証は無いのだけれど、当時の山形市内に発行の新聞記事を丹念に拾えば、記事のひとつくらいは見つかりそうではある。

通称の紅葉川林道、山形市道所部面白山線の開削時期は調べ得ていない。その自動車通行前提の線形設計や山寺市街へと直結する経路選定からは、早くとも戦後、比較的近年のことではないか。林野庁管轄の林道ではなく、最初から自治体による開設だったと思われる。対して、千手院から奥へと伸びる山道は長い尾根筋を面白山山頂へ至る登山道として旧い時代から存在したのではなかろうか。
写真は、その途上から望める第一紅葉川橋梁。813M<仙山3号>が33パーミルを駆け降りて往く。後追いである。
この千手院からの林道は、徒歩の鉄道屋には楽しいルートだった。尾根への小道を分ければ、まもなくに第二紅葉川橋梁の下をくぐって渓谷を渡り、急坂を上って紅葉川林道に合流していた。

[Data] NikonF2A+AiNikkor28mm/F2.8 1/250sec@f8 Nikon Y48filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopLR5 on Mac.

関連記事

コメント

こんばんは。
こちらの記事も興味深く拝読致しました。国鉄が開いたスキー場があることを本で知りましたが、その開業当初の輸送の状況までの推察には初めて接しました。
鉄道が今よりも人手を介していた時代には、逆にフレキシブルな運行もできたのかもしれないと想像しています。
昨秋に乗った仙山線は、旅の疲れでうつらうつら、静かに走る新型車両に運ばれるがまま、でした。
またの機会に訪ねたい路線です。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/?pc

  • 2015/05/03(日) 19:51:06 |
  • URL |
  • 風旅記 #O7xVy9HA
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/279-4c5cd69a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。