FC2ブログ

70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

陣場 (奥羽本線) 1977

jimba_08-Edit.jpg

延長3180メートルの矢立トンネルで通過してしまうようになって、この峠越えでの撮影は陣場の手前、下り線の松原トンネル出口に接する第二下内川橋梁から続くR=600Mの曲線区間が定番位置なのはご承知のことと思う。
この下り新線は白沢-長峰間線増計画の最後の区間として1971年9月25日に開通している。奥羽北線の電気運転化に併せてのことだが、10月1日を以てのそれに辛うじて間に合わせたもので、白沢-陣場間での習熟運転期間は僅かに一週間だったことになる。その間には蒸機の仕業も残ったから、そこも牽引列車は走行したはずなのだが、第二下内川橋梁上のD51の写真など先輩諸兄の作品に見たことは無く、勿論自身も電化柱の並び架線の張られた矢立峠には近づかなかった。

連絡船を目指した奥羽線の車窓に国道から張出した畑作地を見つけ、電機目当てにそこに立つのは蒸機の消え去った1976年のことだった。裏手、国見山の風穴は当時の五万分の一地形図にも史跡・名勝・天然記念物の記号で長走風穴鉱山植物群落との表記はなされていたものの、現在のごとくに公園形態に整備されるで無く、細い草道が杉の斜面を上っていただけと覚えている。風穴館なる施設はごく最近の開設になり、当時には付近に民家らしきが2軒ほど並んでいた。
後年に定番位置と化すここで、それを知らねばモグリと云われそうなのが風穴ドライブインである。お陰で、この位置では食事に心配することが無い。主要国道の改良が全国に及んだ1960年代に走行距離の長大化した貨物自動車や遠出のドライヴ需要を当て込んで伸長したロードサイドビジネスのひとつがドライブインと呼ばれた供食スタイルであった。特にトラック運転手相手のそれなどは街中の大衆食堂が国道沿いに進出したに過ぎないのだが、1970年代に架けては飲食業の花形でもあった。1976年には存在した風穴ドライブインも改良の進んで新潟方面や秋田から青森へ、さらには八戸方面へと走ることになった長距離トラックの需要に加え、風穴へ観光客の取込みを目論んで1970年代初頭には開業していたものと思う。おそらくは、そのせいなのだろうが、当時からどの供食品目も他店での「大盛り」相当だったと記憶する。初代店舗の建物は現在にも敷地内に残り、まさに大衆食堂程度の規模である。正面に張出しての二階部分は後の増築だったはずで、店舗拡張に店内に在ったと思われる居住ないし休憩スペースを移設したものと思う。
隣接の新店舗は、広かった駐車スペイスを潰して建てられており、大館側や弘前側のバイパス沿いでの供食施設の充実や長距離ドライヴァ達の生活意識の変化に大型トラックの何台も駐車することも無くなっていたのであろう。一般客向けに「盛り」の良さを売りにする方向転換もこの頃からと思われ、近い将来の秋田自動車道の小坂ジャンクションへの接続を想定したそれは功を奏して、「大盛り」の店としてWeb上への投稿も多々見掛けることになっている。まずは盛業をお慶び申し上げたい。

風穴ドライブインの駐車場隅から続く下内川への細道を降りて往くと、下り新線建設関連で築堤上に付け替えられた上り線がその先に覗く。ED75 700番台は502列車<きたぐに>の牽引機である。

[Data] NikonF2A+AiNikkor105mm/F2.5S 1/125@f8 NON filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopLR5 on Mac.

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/278-1b7e1481
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)