70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

角川 (高山本線) 1997

tsunogawa_02-Edit.jpg

角川なら玉屋である。ここに多々降りるようになった頃には食堂は止めてしまっていて食料・雑貨の営業だけだったけれど、食料(と云っても菓子パンの類いだが)に飲料の補給には欠かせない店だった。おそらく半月に一度程度だったろうパンの仕入れ(配送)には賞味期限ギリギリのパサつき加減だったものの、徒歩の鉄道屋には有り難い存在だったのである。
ここでの乗車券類簡易委託販売の受託先でもあり、丸めがねの恰幅良いご婦人が窓口に座っていたのをご記憶の方もあろうかと思う。あれが玉屋のおばちゃんで、撮影の度に世間話などから情報を仕入れさせていただいたものだった。

2004年10月にこの地を襲った台風23号の水害にて飛騨古川-猪谷間が長期不通となった高山本線は、翌2005年10月1日に角川までが復旧し、終端の代行バス乗継ぎ駅となった角川は列車の折返し運転に際して、下り本線の使用を停止して駅舎側の上り線のみにて扱いの行われた。これについては当面の終端駅でもあり、鉄道雑誌などで情報も得ていたのだけれど、玉屋への簡易委託契約の打切りは、2007年9月8日の全線開通後となった再訪にて知るところだった。
久し振りに再会したおばちゃんは、足腰を痛めていたこともあって列車時刻毎の駅通いの無くなって清々したとの弁ではあったものの、些かに張りを無くしたのも確かな様子に見えた。飛騨古川駅からの委託廃止の話しは2005年の春と聞いたから、それは復旧工事に関わり無く東海旅客鉃道の既定方針だったのだろう。
全線復旧の暁には使用再開と思っていた下り線も、被災前ダイヤでの夜間に一度のみの列車行違いには不要と判断されたものか、それを廃して棒線化されてしまったのだった。

写真は、上り線をゆっくりと通過して往く1026D<ひだ6号>の後ろ姿。
背景が山稜斜面へと抜けるこのホーム上からの画角では、季節や時間毎にそのスクリーンを楽しめた。そこまでのある程度の距離には、その空気感も写り込んでくれるので好きな場所だった。後追いが予定調和するような画角にはあまり出会えない。これは紅葉黄葉の始まりの頃である。
玉屋のおばちゃんは切符売りの傍らホームの清掃もしていて、この時は画角左側で落ち葉を掃き出していたものだから、特急が来たらホームに出ないようお願いした覚えの在る。
今は下り列車もやって来る画角なのだが、旧下り線の軌道撤去跡に荒れた乗降場も入り込むのには絵にならなくなった。
棒線化で用済みの跨線橋ばかりでなく、開業以来の木造駅舎も2010年秋までには取り壊され、翌年3月には小さな待合所に取って代わられた。最近に降りると、玉屋の店はひっそりと閉じられ、新聞の取り次ぎ販売も止めてしまったものか、その看板類も全てが取り払われていた。訪ねれば、おばちゃんの顔を出すとは思いもしたが、少しばかり躊躇する佇まいだった。

[Data] NikonF5+AiAFNikkor ED180mm/F2.8D 1/250sec.@f4 C-PL filter Ektachrome Professional E100SW [ISO160/0.5EVpush] Edit by PhotoshopLR5 on Mac.

〔お詫び〕3月いっぱいに本業が極めて多忙となってしまい、更新の滞り気味なことご容赦下さい。

関連記事

コメント

こんにちは。
時の流れには誰も抗えませんが、時間が経ったのだと嫌でも実感させられることがあります。
田舎の小さな駅前に、商品も煤けた雑貨屋、食料品店などを見かけることがありますが、誰もが鉄道を使っていた時代の残影なのでしょうか。
きっと、今で言う国道沿いのコンビニエンスストアのような存在だったのでしょう。
先日、無人となった駅の空虚をコメントさせて頂きましたが、鉄道は、人が集うからこその魅力やドラマがあるのだと思っています。
時を重ねて、結果として人のいなくなった駅もたくさんありますが、往時を想像する楽しさよりも、やはり今の寂しさの方を強く感じてしまいます。
「玉屋のおばちゃん」は、元気でご健在でしょうか。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/?pc

  • 2015/03/24(火) 15:29:52 |
  • URL |
  • 風旅記 #O7xVy9HA
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/275-b834ee1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。