FC2ブログ

70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

大館機関区 (奥羽本線) 1973

odate_02-Edit.jpg

奥羽地域では遅くまで蒸機運転の残り、しかも朝の輸送力列車に客車運用まで在ったと云うのに阿仁合線は撮らず仕舞いだった。鷹ノ巣は幾度も通ったけれど、C11なら会津線や石巻線で散々出会っていたし、何より当の客車列車は鷹ノ巣からの送込みが夜間の上、阿仁合始発の5時16分には現地への宿泊を要して道内との往来途上の立寄りには荷の重過ぎたのだった。けれど、後になって先輩諸兄の作品に見た秋田県北の山間地である比内地域の景観は好ましく、後悔も頻りであった。今でも沿線のそれは変わらないだろうとは思うものの、線路自体が第三セクターの秋田内陸線に移管され、軽量気動車の単行やら2両組成の走るだけには、やはり足は向かない。

写真は大館機関区で整備を受ける阿仁合線仕業のC11である。上野からの<津軽1号>を降り立つとこれの見えたものだから、陣場へ向かう前の駄賃とばかりに訪ねたのだった。
矢立峠越えの補機仕業を主な任務としていた大館機関区は、1971年10月の奥羽本線の電気運転化にともない車両配置の無い乗務員区となっていたけれど、阿仁合線仕業のC11だけは配置区を弘前運転区としながらも引続きここに常駐していたのである。蒸機運転末期には検査周期から煩雑に転属の行われたものだったが、帰京後に調べてみれば、このC11 143は1952年に山形機関区から大館区に転入して以来の同線運用車と知れた。
もともと扇形庫を持たない機関区であったから、電気車両の受入に構内配線の大幅に引き直されたでなく、それの検査庫も1900年代初頭の建築と思われる石造の庫の同位置での改築によっていた。それはまさに改築であって、石積みの側壁を残して、それを基礎に鉄骨を組みスレート構造としたものだった。庫内3線のうち1線に架線を渡さずに蒸機検修線に用いており、それには不釣り合いな庫には違いなかった。
一日に3往復の設定されていた鷹ノ巣との回送は、奥羽線が電気運転となっても変わらずED75に引かれた旅客列車の後部にぶら下がって往き来していた。余談ながら、弘前運転区への配置は3両であり、大館区常駐の2両には定期的に差替の行われ、これも旅客列車の後部連結であった。なので、矢立新線で最後に切替の行われた松原トンネルも蒸機が潜っていたことにはなる。

[Data] NikonF photomicFTN+AutoNikkor50mm/F2 1/250sec.@f5.6 Y48 filter Tri-X(ISO400) Edit by PhotoshopLR5 on Mac.

〔お詫び〕本業が極めて多忙となってしまい、更新の滞り気味です。3月末頃までとご容赦下さいませ。


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/274-06fa3c5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)