70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野辺地 (大湊線) 1973

noheji_02-Edit.jpg

ルーラル地域の線区に一往復なり二往復程度設定されていた貨物列車は、1970年代の前半までならそれなりの財源を持って運行されていた。既に近距離輸送なら道路交通への転移も相当に進んでいたはずではあるが、高速道路の整備途上のこの時代には鉄道に依存する荷主もまた数多かったのである。以来1980年代に向けて機関車に従う貨車の目に見えて減るのは、それの整備進展に加えて度重なった貨物運賃の引上げが荷主の流失を加速したゆえ、と説明されるのだけれど正確では無い。それらを事由に国鉄自らが中小荷主を切り捨てた結果となのである。幹線物流へのトラックの進出により、その即応性には高級貨物が浸食され、やがては大口貨物をも失えば、ヤードを経由した国鉄の車扱輸送は恐ろしくコスト高となり、政策的に低廉に押さえられた運賃には自身が耐えられなかったのである。
国鉄総裁の諮問機関であった貨物経営改善委員会は1969年7月に行った中間報告で、直行・一貫輸送体系の整備に輸送施設の整備を重点項目とし、設備改良の効率化には拠点駅への集中投資の要を説いていた。それは中小貨物扱駅の集約化を意味して、1971年度以降に国鉄はルーラル線区の貨物営業から順次撤退を開始したのだった。各々の線区に拠点駅は残されたから貨物列車の運行自体は確保されたのだけれど、そこまでトラック輸送を強いられた小駅での荷主は鉄道輸送を諦めざるを得ず、線区輸送量は自ずと低下して往ったのである。
来るべき1984年2月改正は1985年度での収支均衡を法的に迫られた国鉄の苦渋の決断との見方もあろうが、既視感ある未来として準備されていたとも云えよう。
大湊線は1972年3月15日改正を以て、海陸連絡荷役に埠頭線まで設備していた下北を拠点に残して線内各駅の貨物扱を廃止、貨物列車の運行は同駅着発で1984年2月改正まで残ったから、それの典型路線ではあった。

1973年の春時点ともなれば、道内と往来した東北線筋に残る蒸機運転は石巻線と大湊線だけになっていた。上野と青森のほぼ中間に位置して双方から早朝に到着できる夜行急行の在った小牛田には、道内との往来の途上に多々降りていたのだけれど、臨貨運転の無ければ撮影チャンスの一日に一本だけと云う大湊線には、なかなかに足の向かなかったのである。それでも、この事態を迎えてはようやくに野辺地へと幾度か降り立つことになった。
けれど、予定した道内撮影スケジュールの往きか帰り、つまりはその日程の最初か最後に臨貨運転の確認出来れば、上野を<八甲田>で発つなり、帰路に青函を深夜便で渡るなりで早朝に野辺地到着として一日を線内で過ごしたのだが、そうでなければ夜行<すずらん>から接続した午前便の連絡船を選び、13時過ぎの野辺地で定期貨物列車を駅撮りしてお茶を濁したものだった。

写真は、野辺地の中線(2番線)から発車して往く783列車。この頃には下北着発貨物だけとは云え、結構な財源を牽いていた。
野辺地には1968年8月5日より、大平トンネルを掘削して新線に切替られた東北本線の千曳からの旧線を借り受けて南部縦貫鉄道が乗入れており、そこのキハ10形内燃車-通称のレイルバス目当て降りた向きも多かろうと思うが、個人的にはそれよりもこちらだったのである。

[Data] NikonF photomicFTN+AutoNikkor50mm/F2 1/250sec.@f8 Y48 filter Tri-X(ISO400) Edit by PhotoshopLR5 on Mac.

〔お詫び〕本業が極めて多忙となってしまい、更新の滞り気味です。3月末頃までとご容赦下さいませ。

関連記事

コメント

Re: はじめまして

こあらまさん、コメントありがとうございます。
ご返信の遅れましたこと、お詫び申し上げます。

私のphotomicFは現役です。50mmのF2もAi改造に出さぬままに残して、これも共に使い続けています。
AiのF1.8もそうなのですが、絞り開放ならF1.4のf1.8設定よりもシャープに写るものですから、低光量の現場が想定されれば機材に加えぬ訳には往かないのです。
未だにフィルムでも撮っていますので、旧い時代のコーティングの関係からフィルムにはやや黄色味に転んで、これもお気に入りの理由になっています。今は亡きEktachromeを使い続けて来た身には、Fujiのフィルムはどうしても青く感じてしまいますもので。

こちらこそ、よろしくお願い申し上げます。
個人的には、蒸機の八高線を撮っておられるのが羨ましいです。

  • 2015/03/10(火) 22:57:14 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

はじめまして

こあらまと申します。現役蒸気終焉期に小中高校生を過ごし、その後ローカル線志向です。

Wonder+Graphicsさまの3つのブログを興味深く拝見させてもらっております。大変精緻な写真作品と、極めて詳細な解説に感心頻りです。ちょっとしたコメント付きの写真ブログが蔓延る中、読み物としての記事を続けられている姿勢には頭の下がる思いです。

今回の大湊線、前回の阿仁合線と、C11時代に小生は訪れていません。地の利が悪く、本数も少ないとなると後回しでした。おっしゃるように、小生も小牛田にはよく立ち寄りました。今となっては、訪れることのできなかった路線が気になります。

また、この2作品、機材がNikonF , Nikkor 50mm/F2ということですが、小生も付き合いの長い機材です。さすがに、ボディは動態保存となっていますが、このレンズも含め何本かのAi/Ai改造レンズは、今も携帯用に使っています。

今後とも、よろしくお願いします。

  • 2015/03/09(月) 20:31:00 |
  • URL |
  • こあらま #VVRXLvlQ
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/273-09d234eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。