FC2ブログ

70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

用土 (八高線) 1996

yodo_03-Edit.jpg

八高線での撮影には四半世紀を遅れて参入したものだから、既にCTC制御が導入されて駅の要員は引上げられていた上に、沿線には宅地開発の押し寄せて金子坂あたりの武蔵野台地の情景も失われ、竹沢から寄居に架けての比企丘陵の里山風景くらいしか残されていなかった。関東平野の西端に降りてしまう寄居以北ともなれば、ここにも広がる農地には住宅に商業施設の目について、めぼしい地点は見つからないのだった。
けれど、機関車に牽かれたセメント輸送列車はこの区間にも設定されていたから、その珍しい駅名に用土には降りていた。中世に武蔵國榛沢郡用土郷と呼ばれた地域であり、近世には集落の成立しての用土村が薩長中央政権による1889年の町村制施行下に引継がれて、1933年1月25日に到達した鉄道の停車場名に採られたのである。ただし、1月20日付での鉄道省による開業の告示ではその所在地は大里郡用土村字用土に隣接した字下宿となっている。
乏しい学生時代の記憶を辿れば、用土地とは荘園領主や地頭など地方豪族の屋敷周辺の自作農地を指したはずであり、確かに平安期から鎌倉幕府の時代、小田原北条氏の支配下へと遺跡も散在して早くから開けたことを伺わせる。おそらく後の用土村は荘園中心地だったのだろう。

1990年代の半ば、窓口の塞がれてしまった開業以来の木造駅舎を出ると、商店1軒だけの駅前から背後には古くからの近郊農村の、何の変哲も無い風景の続いていたものだった。空腹に食堂の類いを探したのだけれど、周囲にそれらしきの見当たらなかったのを覚えている。
用土をゆっくりと通過して往くのは5293列車。
1985年2月のCTC制御施行に伴う棒線化に下り線の撤去されていたものの、乗降場はそのままに放棄されていた頃である。賑わった時代の片鱗をと傷みの目立つ駅本屋を画角にするのだけれど、この年3月改正からのキハ110系列導入で始まったワンマン運転用のミラーが邪魔をする。

[Data] NikonF4s+AiAFNikkor ED180mm/F2.8D 1/250sec.@f5.6+1/2  NON filter PKR Edit by PhotoshopLR5 on Mac.

関連記事

コメント

Re: タイトルなし

こんばんは、風旅記さん。
八高線の巻、拝見しております。

なるほど、合点が往きました。
1970年代から80年代に要員の引上げられて朽ちるばかりの駅舎が、瀟洒に改築される事例が続きましたけれど、
それが妙に空疎なのは「無人」なことが前提の建築物だからですね。
待合所だからの「当たり前」と思っていた訳ですが、改めて気がつかされました。

  • 2015/02/20(金) 23:48:41 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

こんにちは。
八高線用土駅、私は古い駅舎が残っているものと疑うこともなく2012年に訪ね、現地でプレハブの仮の建物になっているのを目の当たりにして落胆したのでした。
もう建て替えられて、新しい駅舎になっているものと思います。
駅舎も、無人駅になると荒れてしまうのでしょう。
時と共に古くなった建物が改築されてゆくこと自体は避けられませんが、駅員さんが将来にわたっていないことを前提とした造りになってしまうと、妙に殺風景で空虚に見えてしまいます。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/?pc

  • 2015/02/19(木) 08:39:10 |
  • URL |
  • 風旅記 #O7xVy9HA
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/269-52e29ef4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)