FC2ブログ

70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

福島 (奥羽本線) 1968

fukushima_01-Edit.jpg

水戸駅から場外へ進出して往くそれに手を振る幼少時の姿がアルバムに残るけれど、C62の牽いた<はつかり>を知らない。対して、初の特急形気動車の<はつかり>は置替の頃より記憶に鮮明だ。それの1960年あたりが幼児と小児の境と云うことなのか、親父が、おそらくは懇意にしていた国鉄職員より手に入れてくれただろう部内向け(と思われた)パンフレットをすり切れる程に眺めた覚えがある。
当時に東海道線に登場した<こだま>は鉄道絵本から落とせない列車であり、子供にとってあこがれの特急列車であった。それに劣らぬ車体デザインの列車が郷里の水戸を通って北を目指すには多いに興味を刺激された訳である。その先頭車-キハ81の印象的な形態には惹き付けられ、翌1961年に至って札幌にも気動車特急が達した際には、道内のそれがどうして湘南電車(東海道線準急)のような先頭車なのか、子供心にも不満を抱く程であった。
後年には、親にせがんで水戸への帰省に何度か乗車し、そこに滞在中には偕楽園近くの線路端に幾度も出掛けたものだった。
けれど、キハ81の<はつかり>運用は東北本線の全線電気運転までのことで、代替の583系電車の早期落成には10月のダイヤ改正を待たずに、1968年9月9日の下り、翌日の上りを以て最後となり、意外に短命だった8年程の期間は、幹線電化の進展した時代の気動車の宿命と云うべきだろうか。
結果的に1961年度からの通称-2次特急形とは設計思想が異なってしまい、謂わばキハ80系特急形気動車の量産先行車的存在と化していた<はつかり>運用車の転用に際しては、キロ80やキサシ80などには形式間改造を要した他、キハ81は分割併合の無い単独運用に限られ、それには尾久客車区配置のままで1965年10月改正から2往復運転となっていた秋田特急<つばさ>1往復のキハ82からの置替が選ばれたのだった。
80系当時の<つばさ>は福米間の自力走行では特急としての運転時分が確保出来ず、この間を電機に牽かれていたため(1968年10月改正までEF64、以降にはEF71)、自連強度から組成が7両に制限されて、その姿は10両の<はつかり>からは些かの格落ち感は否めなかった。

冬の日差しの西に傾く中、福島駅3番ホームに到着したのは 3D<つばさ2号>。それをどうしても見たくて、札幌からの帰省の際に寄り道した際のカットである。
ホーム上に交替の運転士が待つ。ここから米沢まで無動力とは云え、機関に補機類は回っているので運転士の乗務は要する。
格落ち感を強めていたのは、機関車連結のために常時外されてしまった自連カヴァである。それはキハ81のプロポウションを大きく損なったとして良い。翌年の秋田機関区での<いなほ>転用時に再設置されるものと信じていたのだが、和歌山機関区に転じての<くろしお>運用は勿論のこと、二度とそれを見ることはなかった。
今でも、尾久車両センターの開かずの倉庫奥深くに仕舞い込まれているような気もするのだが、キハ81 3の京都鉄道博物館での展示再開の際には新製してても復活してほしい装備である。

[Data] NikomatFTN+AutoNikkor5cm/F2 1/125sec@f8 Y48filter NeopanSS Edit by PhotoshopLR5on Mac.

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/268-e2f078d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)