FC2ブログ

70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

天ケ瀬 (久大本線) 1986

amagase_05-Edit.jpg

国道210号線の湯山橋から玖珠川の上流側を望むと、久大本線の第七玖珠川橋梁手前に古い取水堰堤の所在が見て取れる。
土木の世界には疎いので、その工法を何と呼ぶのかを知らぬのだが、丸石の石積みにコンクリートを併用した構造は、この種の構造物へのコンクリート導入の過渡期の構築であり、人工の施設には違いないけれど、老いては川の一部のように景観に溶け込んで好ましい。
1913年12月に発電を開始した女子畑(おなごはた)発電所への取水堰として造られた「玖珠川ダム」である。ここでの取水は玖珠川左岸の山中を貫通した延長約7キロの導水管と開渠水路にて、落差73メートルを導かれる。

調整池を備えた当時に最新鋭の女子畑発電所は、その後に続いた本格的ダム式発電へ移行する前段階とも云え、富国強兵の国策の下、重工業の育成に不可欠な電力の確保に、猪苗代湖の湖水を用いた猪苗代発電所(現在の猪苗代第一発電所)と並ぶ大規模な電源開発事業であり、全国でも有数とされた最大26750kwの出力(その後29500kwに増強)は官営八幡製鉄所を始めとした洞海湾を囲む工業地帯の動力源であった。
取水堰の堤高数メートルにも「ダム」としたのは本格的な堤体を持つダムの無い時代ゆえだろうが、玖珠川を代表するかのような名称の付与は、この巨大電源施設を建設・稼働させた九州水力電気の矜持でもあったろう。1896年施行の『河川法』(1896年4月7日法律第71号)下ではダムと堰堤の定義が明確でなく、確かに「玖珠川」に設備された「ダム」だったのである。
それの全面的に改正された現行法規(1964年7月10日法律第167号)ではダムと見なされず、国土交通省九州整備局による発電データベースの記載は「玖珠川取水堰堤」となっている。

第七玖珠川橋梁を往くのは625列車。この鳥栖から豊後森行きの運用は、そのまま627列車の大分行きに繋がっていた。
水門を持たない固定堰である玖珠川取水堰堤には、越流する水量の無ければ、下流女子畑発電所の放水路までの玖珠川は河床が露出するばかりとなる。特に天ケ瀬で稚魚の放流される鮎の釣り人には不評を囲っているようだが、例えば上の釣で第五玖珠川橋梁を俯瞰する写真の鉄道屋にも些か物足りなかった。→ 豊後中川-天ケ瀬 (久大本線) 1987

余談ながら「女子畑」なる珍奇な地名に言及すれば、玖珠川左岸山中の台や金迫、漆原などの集落の位置する小盆地を古に「尾長畑」と呼んでいたものが、そこに祀られた「女子幡(おなごはたのかみ)」に読みのいつしか統一されたとの説があるものの、真偽の程は分からない。「畑」は山地での貴重な農作物生産地を示すとの解釈が一般的ではあるけれど、渡来人を祖とする「秦」氏一族の居住に因むとか、「叩く」に通ずる崩壊地名との説、山腹から平地へと続く地形を指す「端」の転化などの諸説がある。

[Data] NikonF3P+AiNikkor180mm/F2.8S 1/500sec@f8 Fuji SC52filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopLR5 on Mac.

関連記事

コメント

Re: タイトルなし

パンダの運転手さま。

そう云やあ、低学年の遠足は歩きでした。5年か6年生でバスに乗ったような気も。
仙台となれば、後ひと月ほどで国見峠の2列車も押さえられそうですね。

最近に私の北海道版ブログの記事が検索されるのは、函札ルートの<北斗星>がらみのキーワードばかりです。
その騒ぎ振りは手に取るように分かります。くわばら、くわばら。
近年はディジタルでの撮影ですので、俯瞰画角に人様が入り込もうが構わずに撮ってしまうのでしょうね。
データで排除出来ますので。

  • 2015/01/18(日) 23:41:00 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

この道楽を始めたのが昭和48年で、さすがに久大線のD60、8620は撮れませんでした。D60は筑豊線で辛うじて撮った程度です。

女子畑はもちろん徒歩での遠足でしたし、遠足というものは当然歩きだけで行くものだと思ってました。
実家はいまだに日田ですが、首都圏→金沢→札幌→仙台と流れ流れています。

函館・室蘭線はもう大変なことになっていて、俯瞰すると必ず誰か入るような状況です。俗人な私はそれでも見届けたい気持ちもあり何度かは行ってしまいそうです。

  • 2015/01/18(日) 20:45:10 |
  • URL |
  • パンダの運転手 #-
  • [ 編集 ]

Re: 女子畑への遠足

パンダの運転手さま。
レスポンスの遅くなりまして申し訳ありません。

豊後三芳から女子畑調整池と云いますと小学生でも徒歩だったのでしょうね。
地元とおっしゃいますには、D60に牽かれていた時代もご存知なのでしょうか。
北の方にばかり通って、とうとう撮らず仕舞いだった南の蒸機なのですが、
この久大本線だけは惜しいことをしたものと思った次第です。

函館室蘭千歳線の函札ルートはえらい騒ぎになっているようですね。
私なんぞ、しばらくは近づけそうにありません。
どうか、お気をつけて。

  • 2015/01/18(日) 14:47:22 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

女子畑への遠足

はじめまして、味わい深い写真と文章に惹かれずっと拝見していました。
写真のみならず、緻密な調査に基づく記述に敬意を覚えるばかりです。

女子畑発電所上の調整池は小学校低学年時代の遠足の地でした(日田市立三芳小学校)。
地元ということで、久大線の客車列車も終焉までの10年ほど撮影し、その後山陰線東部の出雲に転じたあと、9年前からはもっぱら道南の寝台特急を撮影しています。

残り二か月となりましたが、あと何回行けるか、心残りの場所で心残りな絵を撮れるのかと逡巡する日々であります。

  • 2015/01/16(金) 22:10:17 |
  • URL |
  • パンダの運転手 #-
  • [ 編集 ]

Re: 久大本線

狂電関人さま
コメントありがとうございます。

私の2年に満たない福岡暮らし(しかも仮住まい)の間、九大線にばかり幾度も通いました。
勿論、そこに50系列とは云え客車列車の残されていたゆえですが、同じような設定数の在った筑豊線とその枝線に向かわなかったのは、ここの沿線の風光に惹かれてのことでした。
照葉樹が空一杯に枝葉を広げる南国の風景に些かの違和感を覚えていた北の人間にも、玖珠川沿いの杉の美林は慣れ親しんだ景観でもあったのです。
観光特急の運転に、最近には遊覧旅行の特殊列車運行で注目される線路なのではありますが、それの機関車を含めての飾り立てたような外観にいまひとつ食指の動かずにいます。

  • 2015/01/15(木) 23:45:00 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

久大本線

Wonder+Graphicsさま
こんにちは。
福岡出身者として今回の86年と文中の87年の久大本線を懐かしく拝見させていただきました。
美しい沿線のこの線を在福時代から撮りたいと思いつつ、
結局ずっと後年になってゆふいんの森を撮りに2005年ごろ1度訪問しました。
各駅停車で天ケ瀬まで車内からロケハンして
行きついたのが、87年のお写真の橋だと思います。
沈下橋が目印で、天ヶ瀬駅からタクシーで往復して本道から豊後中川に向かって左に上がっていく道路の途中から俯瞰できました。
懐かしい景観が目に留まり長々コメントを失礼いたします。

  • 2015/01/15(木) 12:16:29 |
  • URL |
  • 狂電関人 #vqoLnCUQ
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/266-e0ca4822
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)