FC2ブログ

70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

山寺 (仙山線) 1976

yamadera_10-Edit.jpg

山寺に降りて駅前から立谷川を渡り、線路沿いに面白山方へ15分ばかりを歩くと、優美な曲線の入母屋造り(日吉[ひえ]造り)屋根を戴いた千手院観世音本堂に辿り着く。今には銅版葺だけれど、その古には檜皮[ひわだ]葺だったことだろう。
裏手の峯の浦と呼ばれる山域は、830年に此の地に達した天台宗の僧、円仁(後の慈覚大師)の一行が開いた中世の一大霊場だったと考えられており、中腹の山清水滴る垂水磐に謹製の観音像を置いたのが千手院の始まりである。そして、垂水磐の東に大日如来、峯の浦西側に続く凝灰岩の岩山に薬師如来、阿弥陀如来、本地如来の各像を、これも謹製して安置、霊域としたのだった。
この西側部分に、円仁が遣唐使一行と唐に渡った間、出羽講師に任ぜられた安慧(円仁の弟子僧と云われる)が伽藍に修道場を整備したのが、後に山寺と呼ばれる宝珠山阿所川院立石寺の基礎であり、唐より帰国した円仁が再びこの地を訪れた860年が、その開基とされている。
現代に観光客の姿を認める山寺に比してひっそりとした千手院が、ここでの天台宗教学道場の始まりなのである。宝珠山奥の院への参道もかつてにはそこからが本道だったとされる。
なお、本堂は幾度かの災禍、戦乱に被災し、現在の建物は1752年に再建されたものであることが、境内の火災供養塔に記されている。円仁の作とされる観世音像も焼けこげ、現在には秘仏として収蔵されている。

以前の記事 山寺 (仙山線) 1978 にも書いたけれど、千手院の所在する千手院集落、江戸期の長野村には慈覺坊、文殊坊、オシャマン堂などの地名の散在して山裾に信仰の里の風情を伺わせており、それを紅葉川を隔てた対岸の所部[ところぶ]集落から線路の背景に望むのは、ここでの鉄道風景では最も好きな画角でもあった。
山寺構内を出て、すぐに始まる33パーミルを上る826列車。
千手院本堂の深い屋根が杉木立に光る。千手院集落は右手奥の緩やかな斜面へと続く。
この時代、集落にはまだまだ茅葺き屋根が目立ち、客車の編成にもスハ32が組成されていた。

[Data] NikonF2A+AiNikkor105mm/F2.5S 1/500@f5.6 Y48 filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopLR5 on Mac.

関連記事

コメント

Re: タイトルなし

こんにちは、風旅記さん。
こちらこそ、ご丁寧にありがとうございます。

仙山線の車窓に見れば、現在でも同じ画角での撮影は可能と見えますが、
家々は多くが新建材で建替えられた様子の伺え、里の景観としてはカメラを向ける気にはなれませんね。
何より、電車の走るのは良いとしても、それの3扉の近郊型が興醒めです。
ただ、年末の積雪による閉じ込め事件で知りましたけれど、山形から仙台への通勤客が相当数に存在するのですね。
この線路がそれに活路を見出して往くならば、喜ばしいことととも思います。

  • 2015/01/06(火) 13:01:29 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

こんにちは。
旧年中、多くの示唆に富む記事を楽しませて頂きありがとうございました。本年もどうぞ宜しくお願い致します。(ご丁寧にコメントまで頂き恐縮です)
自分が生まれたのは、このお写真の時代なのだと、可視化されたことで感じ入るものがありました。
1枚の鉄道のお写真から、その頃の暮らし、人の息遣いが伝わってくるようで、不思議な感覚です。
茅葺屋根の家屋は、その後、どれ程の時間で消えていったのか、私も同じ場所を訪ね、今を見てみたい、そんなことを考えながら拝見致しました。
山寺の上の方から撮った写真を見返してみようと思います。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

  • 2015/01/05(月) 13:23:05 |
  • URL |
  • 風旅記 #O7xVy9HA
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/265-358635ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)