FC2ブログ

70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

福来信号場-焼石 (高山本線) 1982

118-28-Edit.jpg

ダム水路式発電所とその取水ダムには、通常に共通の名称が与えられる。双方でワンセットの施設がゆえだろう。それには発電所所在の地名の採られることの大半なので、ダム側は現地と異なる遠く離れた地名を名乗ることが多々在る。
高山本線下り列車が、福来信号場を出てまもなくに差し掛かる第一益田川橋梁(l=135M)から間近に眺める発電所は中部電力の下原発電所と云い、2282メートルの導水管で繋がる先が下原ダムである。それの金山町中切地内への所在は理解するとしても、ここでは発電所も金山町下原とは直線で3キロばかりを離れた、これも中切地内である。
訝しく思い調べてみれば、当時の東邦電力が計画・建設を進めた1930年代には双方とも益田郡下原村域に位置した故の命名と知れた。
江戸期の下原郷16ヵ村であり、益田川沿いに渡村(金山町渡)から門原村(下呂町門原)までに門和佐川流域をも含む広大な地域は、美濃と飛騨の境界石を越えた高山藩領、後に飛騨郡代の管理する幕府直轄地、即ち天領(当時には支配所)であった。ここでの下原村は益田街道の宿場として発展した現在の金山町下原を指して、発電所にダムの金山町中切は、その北側の山林地だった中切村に由来と云うことになる。

下原発電所を背景に第一益田川橋梁を往くのは1041D<北アルプス>。云わずと知れた、名古屋鉄道キハ8000系列による乗入れ列車であった。
神宮前から富山地方鉄道の立山へ3社路線を直通していた時代であり、その3両に高山解結の3両の6両組成が所定なのだが、この日の高山回転への2両増結を知らずにいたものだから、縦構図とした画角に収まらなくなってしまった。後追いである。
当初に準急としての国鉄線乗入れ列車は、一方向き横型腰掛の装備に1976年10月改正から名鉄線内と同じく特急列車とされていたけれど、その転換式は特急・急行の普通車にR51型腰掛で簡易リクライニングがもたらされ、中京地区に同等設備の117系電車の投入された1980年代ともなれば、すっかりと陳腐化していた。
加えては、この系列に限らず運用効率の追求された名鉄に在っては、折返し清掃や整備の簡素化によるものか、車体・車内の薄汚れていたのが残念な列車と云えた。

[Data] NikonF3P+AiNikkor180mm/F2.8S 1/500sec@f5.6 Fuji SC52filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopCC on Mac.

関連記事

コメント

Re: 樹々の生長

その通りですね。何故か分かりませんが、高山線南部は80年代以降から孟宗竹の進出が著しいのです。
この金山附近と云い、白川口辺りと云い、どうにも苦手な区間となり果てました。

手前山腹の林道からの俯瞰ですか?
あれは、この当時でも撮れなくなっていたと思いますが、伐採されたとか?

  • 2015/01/08(木) 18:12:17 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

樹々の生長

こんばんは。
30余年前ですから樹々の生長が今とは段違いですね。特に対岸手前は竹が猛生しております。
橋脚部に信号柱が無いのも新鮮です。

ところでこちらのカットを撮られたということはあちらのカットも撮られてますね?
私は今月撮り直しに行く予定ですので、暫しのご猶予を(笑)。

  • 2015/01/06(火) 20:18:33 |
  • URL |
  • 影鉄 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/264-59a1e12a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)