FC2ブログ

70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

前谷地 (石巻線) 1973

040-13-Edit.jpg

大崎平野を空中写真に眺めれば、さながら海に浮かぶ島の如き丘陵地の散在が見て取れる。北上山地南端の篦岳丘陵や仙南平野とを分ける松島丘陵から樹枝状に連なる丘陵群である。
小牛田から東進する石巻線は、二箇所でこれに行く手を遮られた。格好の俯瞰位置となっていた欠山からの尾根先もそのひとつで、ここはその先端部を辛うじて迂回する線形が選ばれたが、前谷地の手前で松島丘陵が北に張出した旭山から龍ノ口山への標高50メートルから100メートルの高みは避け切れずに、鳥谷坂隧道を穿って通過していた。

前谷地に降りて、その丘陵地へと緩い勾配を上ると旭山へと続く斜面に箱泉寺なる寺院が所在する。800年代初頭から遅くとも870年代までの開基とされる古刹である。おそらくは一つ前の東北地方太平洋沖地震である869年の貞観地震に沿岸への大津波を経験しているだろうし、この災禍や864年の富士山噴火など続く天変地異による世相不安の人心安定に開かれたのかも知れない。
一帯は旭山伏流水の湧水が豊富で、古には流れ出るそれを辿った鬱蒼とした樹林の山中に建立されたものだろう。そして水流の先は江合川の蛇行する一面の湿地が広がっていた。北方民族の言葉を語源に「ヤチ」や「ヤト」と呼ばれた地形であり、箱泉寺の門前のそれが前谷地の謂れである(『風土記御用書出』1780年頃)。
大崎平野には「谷地」地名がそこかしこに残され、かつての広大な低湿地を裏付けている。稲作の適地に違いなく、中世以来に新田開発の進んで近世には既に一大穀倉地帯に姿を変えていた。そこに位置した箱泉寺は伊達藩により手厚く保護されたと記録にある。

旧河南町の役場所在地だった前谷地は、集落規模では隣接の涌谷町の中心市街地に遥かに及ばないものの、停車場は三陸縦貫鉄道の起点となったことで拡張され涌谷を凌いでいた。跨線橋までの設備は、計画時にそれが亜幹線なみの輸送量を想定されていたゆえである。とは云え、当時に柳津までが柳津線として開通したのみの盲腸線は、一日に5往復の運転されるだけの閑散線区であった。
前谷地周辺は、鳥谷坂の隧道区間を除けば取り立てての位置は見つからない。煙を期待するなら駅と云うことになる。
出発して往くのは865列車、石巻港行き。

[Data] NikonF photomicFTN+AutoNikkor50mm/F2 1/500sec@f8 Y48 filter Tri-X(ISO400) Edit by PhotoshopLR5 on Mac.

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/263-8611c243
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)