FC2ブログ

70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

深浦 (五能線) 1979

fukaura_05-Edit.jpg

蒸機運転の最末期、1972年12月2日早朝に広戸-追良瀬間にて生じた機関車の海中転落をご記憶の向きは多いことと思う。前夜来の波浪に道床の流失しての事故であった。
かように五能線は浪害の災害線区なのだが、かつてに自然災害に非ず人為的誤謬により上下列車が相対し、正面衝突直前に両列車機関士らの機転にて回避と云う出来事が記録されている。深浦から川部方へ1.6キロ程、車窓に奇岩の岩礁を見下ろす断崖の区間でのことゆえ、事故を生じていれば両機関車とも転落は免れず、大惨事となっていたであろう。
1957年3月5日のことである。この日も風雪に列車運行は上下とも遅延していた。
14時34分、168列車は36分延にて追良瀬を出発、深浦へと向かった。なお、当時に広戸は未開業である。ところが、深浦側も定刻とすれば168列車と行違いとなる165列車を、それの追良瀬に変更と誤謬し14時39分に27分延で発車させてしまったのである。かくて両列車は単線上に相対し、半径200から300メートル曲線の連続で海岸線をトレースする見通しの悪い区間には正面衝突は必至の事態となったのだった。
行合崎基部を越え12パーミル下り勾配を時速48キロで絶気運転していた168列車の水戸機関助士は、14時41分、起点68.5キロ手前で段丘に遮られた彼方に微かな黒煙を視認、咄嗟に機関車のものと直感して「赤、赤、赤」と叫びながら短急汽笛を吹鳴、助士の叫びに山谷機関士も急制動を掛けるが、下り勾配には100メートルの制動距離を要して68.4キロ付近でようやくに停車、接近する黒煙にその後も汽笛吹鳴を続けたのである。
しかしながら、一方の165列車には折からの風雪と、また給気運転中とあってそれの届かず、石沢機関助士が岩陰に機関車の煙突らしきを見たのは起点68.2キロを過ぎたあたり、時速40キロでの力行途上であった。石沢助士も「赤、赤」と叫んで短急汽笛を吹鳴、三浦機関士も間髪を入れずに急制動に移り、上り勾配を幸に約70メートルを進んで停車に成功した。この時、両機関車間の距離は50メートルに満たなかったと記録には在る。

165列車が力行していなかったら、またその煙を168列車が見なかったら事故は避け得なかったかも知れない。信号以外には注視義務の無いとは云え、前方確認に注意を怠らなかった乗務員の機転の在ってこその事故回避であった。
時の国鉄総裁、十河信三は4人の機関士・助士に総裁表彰を与えてこれに報いている。それは緊急停車措置に対してばかりでなく、双方とも相手方が停止しきれない場合を考慮して、停車後直ちに後退運転の態勢として万が一の回避にまで備えた職務規程には無い機敏な行動を讃えたものであった。
なお、原因は深浦と追良瀬駅長間の連絡不備と規程違反にあり、遅延から深浦で168列車から受取り165列車に授ける通票授受が出来ぬのなら、閉塞器より新たな通票を取り出せねばならないのに、それを現場限りと省略したゆえであった。165列車は無閉塞運転だったのである。

深浦定番の断崖上の区間、列車は1734Dの東能代行き。
168列車の急制動で停車したのが、このカメラ位置付近である。

[Data] NikonF2A+AiNikkor28mm/F2.8 1/500sec@f8 Y52 filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopLR5 on Mac.

関連記事

コメント

Re: タイトルなし

こんにちは、風旅記さん。

北辺のルーラル鉄道には変わり在りませんが、沿線には建物の増えたと感じています。
海と道路と鉄道しか無かったところへ、コンビニが開店したりしていますからね。
何より、やって来る列車に魅力も無くなり、乗りに往きこそすれ、もう30年近くカメラを向けてはいません。

もし、記事の事象が事故に至っていたら、永く記憶されたのかも知れません。
どの年表にも記載されていないこれは、古い総裁顕彰の記録を読んでいて見つけたものです。

  • 2014/12/20(土) 13:25:33 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

こんばんは。
興味深く記事拝読しました。
五能線の雰囲気は、30年以上経った今もあまり変わらないようですね。駅など施設は変化しているでしょうが、海を前にした沿線風景は、変わらないこと自体がこの路線の魅力につながっているように感じます。
ヒューマンエラーは必ず発生するものと前提したときに、最後にそれが致命的な損害に至らないように回避するのも人間、ということがよく分かる事例です。
むしろ今の鉄道は、人間が手出しできない程にIT化が進み、コントロール不能になりはしないかと心配にもなりますが…
アナログにはアナログの良さが確実にありますね。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

  • 2014/12/18(木) 17:15:49 |
  • URL |
  • 風旅記 #O7xVy9HA
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/261-7e6a0d4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)