FC2ブログ

70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

今川信号場-越後寒川 (羽越本線) 1971 

imagawa_05-Edit.jpg

札幌からの帰省旅行途上の立寄りを別にすれば、羽越線を撮ったのは1971年の秋から冬の終わりまでの半年程に過ぎなかった。72年8月の電気運転に同年春にはほぼ全線に電化柱の建植されてしまったからである。
晩秋から初冬にかけての日本海岸と言えば時雨の日々であり、訪れる度にそれに出会うことになっていた。大陸の寒気が北西風に日本海へと押し出されて雨雲へと発達するのだから、冬の走りに違いない。海上遥か彼方から見る間に乱層雲の押し寄せ、冷たい飛沫と共に足早に去って往く。それが波状に幾度も繰返されるのである。それは遍く地表を濡らし、雲間の薄日に鉛色の海から連続する鈍色に光る景観を出現させた。そして、機関車の一条の白煙を引いて走り往けば、まさに情感の光景として良く、この季節ならではのそれには強く惹かれたのだった。

時雨とは、古来には文字通りに秋冬の一時的降水を指して、何も日本海岸に限った言葉では無い。山間の盆地は勿論のこと太平洋岸でも同じような天候の現れれば、それを時雨と呼んだ。現代の気象用語でも、降雪も含んで単に晴れや曇りの合間の断続的な降水の状態を指して地域を特定していない。もっとも、伝習的に雷雨や夕立を時雨と呼ぶ地域も在るらしい。
晩秋の枯れ野が雨に煙る、この列島に特徴的な気候は日本の原風景のひとつに違いなく、侘び寂び、もののあはれの感情原点のひとつにも数えられよう。日本人は古からこの情景を好んだのである。そう云えば、俳人松尾芭蕉の命日は時雨忌と呼ばれる。

今川信号場から北へ、宝来山トンネルの前後から脇川橋梁への区間は電化柱の建植が遅かった上に脇川集落方向の俯瞰も海岸の岩礁を伝っての位置も確保出来たので、今川に降りれば大抵はこの区間に歩いたものだった。脇川トンネルから白煙を引いて9.1パーミルを降りて来た上り列車が、この区間で今川へ向けて力行に移るのも有り難かった。
写真は、第一宝来トンネルを抜けた582列車。
左の岩山が隧道名由来の蓬莱山だが、この山、国土地理院の地形図には標高88メートルと在る。この写真もそうだけれど、現地に立ってもせいぜい30メートルくらいにしか見えない。釣鐘状の形状に視角効果のマジックでもあるのだろうか。

[Data] NikomatFTN+P-AutoNikkor5cm/F2 1/125sec@f5.6 Y48 filter NeopanSSS Edit by PhotoshopLR5 on Mac.

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/258-0136ec96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)