FC2ブログ

70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

西町 (富山地方鉄道・富山市内軌道線本線) 1985

toyama_tram_03-Edit.jpg

酒呑みなので、当然のように肉よりは遥かに魚好きである。水族館などに往けば、美味そうな魚の乱舞に水槽にかぶりつく邪道な観覧者と化し、充実した酒呑み生活は、近所に昔ながらの良い鮮魚店を得られるかに掛っていると思いさえしている。
旅の途上で漁港に出会えば、その佇まいは気になるし、近くに鮮魚の店先のあろうものなら持ち帰りの出来やしないのに冷やかぬわけには往かない。

天然の生簀とも称される富山湾は、沿岸に「満寿泉」や「名誉北洋」「曙」「千代鶴」と云った漁師酒の蔵も並んで、酒呑みには垂涎として良い。
高山線通いの日々では、せっかくなので機会のつくれれば富山に宿を取った。それは例によって駅前なのだけれど、そこは夜には少しばかり寂しいところゆえ、市内電車で、或は散歩がてらの歩きで繁華街の西町や総曲輪のあたりに出掛けていた。勿論、目当ては酒に肴である。
魚は新鮮であるに越したことは無いとは云え、ある程度の熟成も必要と承知するので活け造りはあまり好まないのだが、その日は通りから大きな生簀の見える店に泳ぐカワハギを見つけてしまい、刺身も然り乍ら旬の肝に釣られて暖簾をくぐったのである。富山湾に限らず全国区の魚ではあるけれど、海底谷の発達して急激に深海に至るそこでカワハギは些か珍しいし、小振りながら一匹丸ごとの活け造りに呑めば贅沢に違いない。
肝をそのまま皿にもらって醤油をぶっかけただけの濃厚な味わいには多いに満足した上に、驚いたのは刺身の方だった。箸に摘んで醤油を付けたそれはピクピクと動いたのである。頭と骨にされた魚体の尾びれの動くのは常だけれども、これの活きの良過ぎには感心しきりと書いておく。

「◯◯本線」なる線路名称は馴染み深いが、単に「本線」だけの付名も全国に12例が存在する。富山地方鉄道は、それを鉄道線と軌道線の双方に持つ事業者である。立山軽便鉄道に始まり複数社の合併にて成立の電鉄富山-宇奈月温泉間がどの時点から本線とされたかは調べていないが、この富山市内軌道線では富山電気鉄道による1913年9月1日の開業以来に南富山駅前-富山駅前を本線と呼んだ。現在では少数例となっているが、当時に途中分岐の線路があれば、本線、支線と区分され、それを正式線名とするのは当時に通例であった。支線が増えればそれぞれに線名を付す必要の生じて、その際の改名事例も多い中で、ここはそのままに生き残った希有な例と云えよう。
なお、開業時の起点は共進会場前(現堀川小泉)であり、南富山駅前(当時に堀川新駅前)への延伸は1915年3月13日である。また桜橋から富山駅前への経路も異なっていた。

写真は、本線西町停留所に停まる富山駅前行きのデ7000形7015。師走にしては些か長閑な日曜昼下がりの西町交差点である。電停位置は現在と異なり、交差点南側に在った。
1960年、日本車輌製のこのクルマは撮影時でも車齢25年、幸運なことに同年月以上を重ねた現在にも冷房化までされて稼働している。

[Data] NikonF3P+AiNikkor105mm/F1.8S 1/250@f5.6 Fuji SC48 filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopLR5 on Mac.

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/257-3090ea2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)