FC2ブログ

70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

津軽湯の沢 (奥羽本線) 1969

tsugaru_yunosawa_03-Edit.jpg

日本海縦貫を往来した特急寝台列車<日本海>は1968年10月1日改正を以ての設定であった。旺盛な旅客需要を見せていた1961年10月以来の<白鳥><おおぞら>と結んだ北海道対関西連絡に、従来に急行列車の担っていた本州内を夜行とするチャンネルを加え、その大幅な到達時分短縮の実現を意図してのことである。これを急行<日本海>の格上げ設定とする記述を多々見かけるが、正しくは無い。急行の関西-信越間夜行を奥羽間としたもので、連絡船接続の時間帯設定も異なり、そのスジは純然たる新設であった。
しかしながら、国鉄当局も需要に完全な自信を持ち得なかったものか、編成は当時の特急寝台列車では分併運用を別にすれば最短組成の電源車を含む9両に抑えられていた。しかも、68年10月改正に対応した関西九州間および青森間増発用として1967年度第二次・第三次債務車両計画にて88両もの20系固定編成客車の増備されておきながら、それらは全て品川と向日町の配置とされ、需給は<はくつる>の電車化にともなう尾久から青森への配転車を主体に向日町からの玉突き転出にて賄われたのだった。

1968年当時、日本海縦貫線の電気運転は上越線関連の宮内-新潟間を除けば北陸線が糸魚川に達したのみであり、単線区間が大半であった以北の細い道を東新潟区のDD51が秋田までを、先を秋田区の同型が牽いていた。この頃に20系客車は全車がAREBブレーキ装置の搭載により、それを使用しない運転でも元空気溜の増圧にはMR管の引き通しを持った機関車を要し、それはDD51では1965年製の第5次車にあたる28以降が装備するのだが、それの配置を持たなかった東新潟区へは<日本海>対応として、盛岡区から0番台-2両、釜石区から500番台-6両の配転がなされ、秋田区共に限定運用が組まれていた。当時の実見や誌上に公表の写真からは、0番台と500番台の運用を区分し、500番台を特急牽引を含む仕業に充てていたと推察される。

1年後の1969年10月1日改正では編成の13両への増強が計画され、1968年度第五次債務車両計画にて発注のナハネ20ばかり10両が、今度こそ青森に新製配備される。運転開始から半年を経ない時点での発注を考えれば、営業成績の中々に良好であったと伺われる。現車13両、換算41両で特通客E5の確保には、矢立峠を始め二ツ井-前山間や大釈迦-鶴ケ坂間に介在する勾配区間に補機を要して、秋田-青森間でDD51の重連運用が組まれた。特急仕業でのそれは1968年10月改正で盛岡-青森間から消滅して1年振りの復活でもあった。これには同じく1968年度第五次債務車両計画でそれの1両が秋田区に増備されていた。

第六平川橋梁に差し掛かるのは、峠を下って来た2001列車<日本海>。
速度を落として津軽湯の沢場内へと進入して往く。重連牽引となって間もない頃の撮影である。

[Data] NikomatFTN+P-AutoNikkor135mm/F2.8 1/250sec@f4 Y48filter NeopanSS Edit by PhotoshopLR5 on Mac.

関連記事

コメント

Re: タイトルなし

こんにちは、風旅記さん。

この翌年に新線の長いトンネルに切替えられてからのここは、峠越えの印象は消え失せて久しいですね。
前機や後機、後々機など三台運転の蒸機からの凄まじい煙に、いつまでも石炭の匂いの充満した峠の情景は忘れ得ません。
その中を静々と下って来る長駆大阪からの寝台列車もまた、印象的な光景でした。

在来形が50系列客車に置替られた頃までは良かったのですが、それの3両組成に定員だけを合わせて新製の701系電車ともなれば、その横型腰掛けには尚更に旅を楽しめる線区でもなくなりました。
地元では、東京並みの電車がやって来たと歓迎の声も在ったとはご存知と思いますが、どうしても間違ってますよね。
地元にも旅の人にも失礼な電車です。

  • 2014/12/12(金) 12:31:03 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

こんばんは。
今ではこの辺りもステンレスの電車が軽々とスピードを上げて走っていきますね。機関車が牽くブルートレイン、その風情はどうに失われてしまいました。
今年、奥羽本線を旅する機会に恵まれましたが、青森の車庫には、首都圏で活躍してきた近郊型電車が短い編成となって停められていました。
僅かに残る在来線の特急、その車両が妙に眩しく印象的に記憶に残っています。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

  • 2014/12/11(木) 21:05:19 |
  • URL |
  • 風旅記 #O7xVy9HA
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/255-f4f70058
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)