FC2ブログ

70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

身延 (身延線) 1998

462-07SW-Edit.jpg

身延は1960年代には身延線管理長も置かれた線区運営の拠点であり、1982年2月26日付でのCTC制御施行に際しては指令所が設置され、それの静岡センタへの統合後の現在も十島-鰍沢口間各駅を管理する駅長配置駅である。しかしながら、身延山久遠寺の門前町から発展した身延町の旧市街地は富士川対岸身延川の谷に位置し、北東へ直線で3キロあまり、県道9号市川三郷身延線を辿れば徒歩で60分近くを要する。
富士川を渡河しなかった富士身延鉄道による建設はその東岸を北上し、1920年5月18日の甲斐大島からの延伸により開業のこの駅も、そこに達すること無く対岸正面の大河内村丸滝地内に開かれたゆえである。
「身延町誌」(1970年身延町誌編纂審議会)は、それを富士身延鉄道の当初の身延市街に直結する富士川西岸線計画が同地域住民の鉄道忌避により東岸に変更された結果と書くけれど、資金零細なこの鉄道に富士川への架橋はどのみち困難であったに違いない。
鉄道橋は無理であっても吊り橋ならば然程でもない。1923年8月に渡船に替えて丸滝から対岸に架橋したのは当の富士身延鉄道であった。現在の県道9号線「身延橋」の前身である。経営の苦しい会社は、自社の運んだ参詣客相手に延長233m、14mの主塔を持ち「東洋一」と自称したこの吊り橋からも徒歩での往復に10銭の通行料を徴収したと町誌に在る。

現在も身延駅周辺には駅前の県道10号富士川身延線沿いに土産物店の建ち並ぶものの市街地の形成されるに至っていない。旅程の短い身延線行きに油断したものか持ち合わせの乏しくなってしまいATM設備の銀行なりコンビニを探したものの、どちらも見つからずに駅の観光案内所に尋ねれば「お山に往けば在る」と答えられて些か混乱したのだが、ここでは対岸の久遠寺ばかりでなく門前の旧市街地を含めてそう呼ぶらしかった。仕方なく駅前からの山梨交通バスで川を渡り教えられた停留所にて下車したのだけれど、そこは旧市街でもなく手前側の農地を近年に転用したらしきところで、市街地とするには疎らに過ぎる中に目指す銀行やら郵便局に官署などが建ち、寺に依存する以上でも以下でもない町の有様を見たような気がしたものだった。

富士川沿いを辿る身延線ではあるけれど、それを背景と出来る画角は意外と見つからない。県道10号線を大島方に辿って越える小さな峠はその数少ない位置であった。
和田トンネルに向かうのは4008M<ふじかわ8号>。
背景に1972年に永久橋に架け替えられた身延橋と日本軽金属富士川第一発電所への取水堰堤が写り込む。

[Data] NikonF5+AiNikkor105mm/F1.8S 1/125sec@f5.6+1/3 NONfilter EktachromeProfessional E100SW [ISO160/0.5EVpush] Edit by PhotoshopLR5 on Mac.

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/253-ad627268
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)