FC2ブログ

70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

日野橋 (名古屋鉄道・美濃町線) 1986

minomachi_sen_04-Edit.jpg

もう10年を経過するけれど、未だに2004年度末での美濃町線の廃止は腑に落ちないままである。
それに至るまでの経緯や経過などはWeb上に公表された資料も多くが見られるのだが、それらを考察して往く大前提として、美濃町線を運営した名古屋鉄道(以下名鉄)と、そこに並行路線を持っていた岐阜乗合自動車(以下岐阜バス)の関係がいまひとつ解らない。岐阜バスは名古屋鉄道を中核とした同じグループ会社のはずなのに、美濃町線を巡っての2社間には永年に渡り連携や協調の全く見られず、寧ろ敵対していたとすら伺える節があるのだ。
美濃や関から岐阜駅や中心市街地に直結したインターアーバンであり、加えて沿線地域にあれだけの住宅街に団地が所在して人口の張付いていながら、美濃町線ほど活用されなかった路線も珍しいのではなかろうか。本来ならば、交通政策上に日野橋以遠区間に何箇所かのバス交通との結節点を設けて、そこを起点に団地などと結ぶバス路線を再編成すべきだったはずなのだが、岐阜バスは市内直結運行に固執し、朝夕は云うに及ばず昼間帯にも国道156号線にはバスが数珠つなぎとなり、流入する一般車両と共に大渋滞を引き起こしていた。
当然に介入して調整すべき岐阜市当局の対応も不可解であり、同国道の拡輻のままならないのを一部で路盤を共用していた美濃町線に転化する一方、それの活用に新設軌道区間での速度向上を国交省に掛け合うなどのチグハグさを見せてもいたのである。
けれど総じては軌道系交通機関に理解不足は明らかで、永年のそれに業を煮やした名鉄が、2000年3月の鉄道事業法の改正により地元同意を経ずして鉄道事業の廃止の可能となったことを盾に「脅し」を入れ、双方の予断によるボタンの掛け違いから互いに引くに引けぬ状態に陥り、結果的に共に思惑の外れて廃止に至ったのが真相ではないかと思っている。岐阜バスに指導力を発揮出来なかった当事者同士の不信感は根深かったと云うことであろうか。
この顛末に、名鉄は将来経営に寄与したかも知れぬ線路を、岐阜バスは運行効率向上による保有車両の削減機会を、岐阜市は投資を抑制した効果的渋滞解消策を、沿線住民は定時性など利便性の在る交通機関を永久に失ったのである。けれど、何よりも廃止の動きに直面しての沿線住民の動きは極めて鈍く、この線路が住民意識の外にあったことが伺われる。名鉄の「脅し」は既に時遅く、岐阜市の反駁も住民には「遠い異国の出来事」だったのである。

日野橋停留所近く、軒先を走り去る電車。土に埋もれそうな線路は、古に街道上に敷かれた軌道線には当たり前の光景だったろう。京浜急行も阪神電車もそれから始まり高速電車線へと進んだ。ここは市場規模からその機会を逸したと云うことなのだろうが、それは遅れて21世紀にやって来たかも知れないのだ。

[Data] NikonF3P+AiNikkor35mm/F2S 1/250sec@f5.6 Fuji SC48filter NeopanSS Edit by PhotoshopCC on Mac.

関連記事

コメント

Re: タイトルなし

こんばんは、風旅記さん。
レスポンスの遅くて、申し訳ございません。

行政(自治体)が交通政策に積極的に介入すべきなのは云うまでも無いのですが、ルーラル地域での鉄道復権を阻害しているのは、やはり住民意識だと云う気がしてなりません。
過度の自家用自動車依存が改まらない限りに、それはあり得ないでしょう。
自動車産業の保護策を即刻撤廃し、国内における自動車総数の抑制に踏み込むべきと思います。まずは輸出車に国内同様に消費税を掛けることから始めれば如何かと。10パーセントへの増税等瞬く間に不要になりましょう。



特に軌道系交通機関に対しては自治体間でかなりの温度差がありますね。それを決定する意志と云うのは、組織の手掛ける事業なら何でもそうなのでしょうが、結局のところその担当部署の責任者個人の資質に帰結するように思えてなりません。言って見れば、鉄道を社会資本として理解しているか否か、です。
富山市や長崎市には、そのような個人がいて、宇都宮や堺市にはいなかったと云うことだけ、洋はのような気がします。

  • 2014/11/26(水) 00:10:55 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

こんにちは。
いつも楽しく拝読し、乱文のコメントにもお付き合い頂きありがとうございます。
2回の訪問、3日かけて名鉄全線に乗りました。最初の訪問時に今もある名鉄の魅力を感じ、再訪時に2日かけて未乗の全線を訪ねた次第です。
作るときには大変盛り上がり、できてしまえば無関心になる、そんなことが明治以降ずっと繰り返されている感があります。
既存のインフラを改善しながら利活用する視点がないことは本当に残念です。
趣味的には、雑多な車両が軒先を走る様子を自分で体験し撮影もしてみたかったと思いますが、それ以前に、自家用車よりも優先され、雨でも雪でも頻発運転で走る電車がある方が、地域にとって便利で豊かではないかと思うのです。
そのためのインフラが前時代的なのであれば、そこを整備するためにお金を使えば良く、輸送効率の高い交通を優先するルールを作れば良いのです。
それもせずに街の空洞化や渋滞、車の置き場所で悩むのはナンセンスではないか、と考えています。
バスがあるからそれで良い、自分は車があるから大丈夫、むしろ古い設備の電車は運転の邪魔、そのような感覚論で意思統合されたとしたら、衆愚の極みと見えてしまいます。
将来性がないと見越していた名鉄の判断も一面的に過ぎたのかもしれません。
それでも、本当の意味での大所高所から将来を見越して判断するのは、一民間企業の力も得ながらでも、あくまでも行政の存在価値ではないか、その軌道を定めるのが立法の役割ではないか、そのような意思を持っての投票をしなければいけませんね。
相変わらずの雑文、失礼いたしました。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

  • 2014/11/20(木) 16:58:01 |
  • URL |
  • 風旅記 #O7xVy9HA
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

風旅記さん、いつもありがとう御座います。

名鉄の全線、二日で回れてしまいましたか。確かに末端のルーラル区間等随分と無くなりましたからね。
岐阜地域600V線区の廃止には、もうひとつ納得の往かないところがありまして、それこそ地下鉄線のごとくに頻発運転される程ではないにせよ、美濃町線など十分に活用可能な運行頻度を確保していたに関わらず、沿線住民は何故ゆえに、これを見捨てたかと云う点です。
すぐには、地方都市全般に共通する住民の過度な自動車依存が思い当たります。実際、それに頼らざるを得ない地域も相当数存在するのですが、岐阜市近郊、まして美濃町線の在ったここで日常生活に自動車の必要だったは思えないのです。
最寄りの駅までバスで向かい、都内の表参道まで1時間と少しを電車に揺られて、さらには事務所まで徒歩20分あまりで達していた身としては、そう思います。

  • 2014/11/15(土) 14:58:44 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

こんばんは。
こちらの記事、興味深く拝読致しました。
自分でも理由はよく分からないまま、名鉄に興味がわき、2回の訪問で、全線を乗り潰してきました。
それはそれで満足したものの、あと15年早いタイミングならば、もっと濃密で、2回では収まらない訪問になったのではないかと思っていました。
もう失われてしまった鉄路、取り返しはつかないのだろうと思います。路面電車を活用しようとする機運、実践し始めた町。岐阜県にはそのような意思はなかったのでしょう。
素敵なお写真ですね。
この場所が、もしかしたら今頃には綺麗な軌道になっていたかもしれない、近隣の停留所からフィーダーのバスが発着していたかもしれないと思うと、本当に残念な気持ちになります。
小さな電車があった痕跡も既に失われた名鉄岐阜駅の風景を思い出しながらコメントを入れさせて頂きました。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

  • 2014/11/15(土) 01:17:05 |
  • URL |
  • 風旅記 #O7xVy9HA
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/251-d7d247d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)