FC2ブログ

70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

米沢機関区 (米坂線) 1971

yonezawa_EH_02-Edit.jpg

米沢機関区の庫での時間は記憶に鮮やかだ。足早にスナップして歩く程度のカットしか撮れないことの多い機関区詣の中で、1968年10月改正以降に残った米坂線と長井線の支線区運用には深夜の出入区の無くなっていたここでは、その時間帯を選べば庫内でじっくりと機関車と向き合えた上、米沢の待合室で駅寝の身には頗る好都合でもあった。

駅前から凍り付いた雪道に足を取られながら南側の踏切へと迂回すれば10分程で機関区の正門に到達し、当直の保火番が詰める事務室で許可を請う。備え付けの帳面に住所氏名を記入しての口頭での注意事項は、夜間ゆえに庫外での撮影禁止であった。
この頃、同じような体験をなされた向きも多かろうとは思うが、あの情景を何と表現すれば良いのだろうか。巨大な生物の眠る住処に迷い込んだとでも云うのは、些か物語に過ぎる気もする。けれど、うす暗い庫の中では何杯もの缶罐がまさに寝息を立てていたのである。深とした静けさに耳を澄ませば、まるで薬缶のように沸々と湯の上がる音に、どこからとも知れぬ蒸気の吐息、そして缶圧の変化にボイラの軋みが聴こえ来るのである。それはそれで賑やかとして良いかも知れない。庫内は保火の石炭の匂いと水蒸気に満ちて、ほの灯りはまるでステージ照明のごとくに機関車を浮かび上がらせてくれるのだった。
この光景を眼前にしては、短いバルブの間、カメラはレリーズの先の三脚の上と云うのに思わずに息を止めていたのを思い出す。

9634の経歴についてはWeb上にも記述の多いので繰返さない。この頃には蒸気機関車の物理的命数と云われた車齢60年に至らんとしていたけれど、調子の良い個体だったのか峠では本当に良く出逢った。かつて装備していた集煙装置に化粧煙突を切り詰められるなど、決してプロポウションの良い機関車では無かったにかかわらず、当時に通例だった若番機人気から1972年3月14日を以ての無煙化に際して、惜別記念列車となった125列車を79606と重連で坂町までを牽き、米沢へは130列車を59634との牽引にて帰区して、翌日には火を落としたと聞いた。この時、小国で見送った130列車は 小国 (米坂線) 1972 に書いている。
9600形式のテンダは新製時の差異やその後の改造、振替などにより多様な形状の混在しているのは周知の通りである。9634は石炭増量の改造を受けたものと思われ、本来の古風な二段型形状は失われていた。これも同機のプロポウションを崩す一因だったろう。
後面に付された[450立方呎]のプレイトは1910年代、鐵道院の時代からの炭水車容量表示であり、9600のそれは6-13型であった。

[Data] NikonF PhotomicFTN+P-AutoNikkor5cm/F2 Bulb@f8 NON filter NeopanSSS Edit by PhotoshopLR5 on Mac.

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/249-e273866e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)