FC2ブログ

70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

滝谷 (只見線) 1971

takiya_01-Edit.jpg

1949年に発足した日本国有鉄道が、多くを抱え込むこととなった非採算線区の運営に線区別経営方式導入に至る経緯については、大湊運転区 (大湊線) 1973 に書いた。
1958年度内に各鉄道管理局管内で少なくとも1線区以上を同方式とするよう求めた同年7月の副総裁通牒に対し、既に仙石線が試行線区となっていた仙台局が選定したひとつが会津線であった。これを受けては当時に会津若松-会津川口間、西若松-会津滝ノ原間の延長118.2キロを管轄する会津線管理所が1959年4月30日付にて会津若松に開設された。
増収の見込めない線区での収支改善とは運営経費の削減の他に無く、鉄道管理局長から大幅な権限委譲を受けた線区別経営体では、線区限りの弾力的な列車設定や運行、現場による用品調達の工夫なども為されたものの、あくまで主体は駅務、運転、保線などの見直しによる要員削減の推進であり、会津線管理所においても設置初年度の1959年度末までに61人の要員を減らしたとある。
しかしながら、損失額の低減は1958年度の395.087千円が386.837千円と僅か800万円ばかりに留まり、営業係数は230から239へと逆に悪化していた。これは奥只見の電源開発事業に1957年12月から運用を開始した通称田子倉線への接続線として会津宮下から会津川口の区間を1956年9月20日に開業し、建設資材輸送の貨物列車運転は在っても旅客収入のほとんど見込めない新線を管轄に加えていたことによる。そして、この貨物列車の運行は線内輸送の客貨分離による合理化策、即ち気動車の導入を遅らせる要因ともなっていたのである。
1963年度に磐越西線運用には気動車の配備されるものの、会津線へは管理所廃止直前の1967年3月20日改正での滝ノ原方列車の一部置替を待たねばならず、全面気動車化も同方面が先行して、川口方には1971年8月29日の只見線としての全通以降も1972年10月2日改正まで蒸機牽引の客車列車の残存を招いたのだった。

滝谷至近の滝谷川橋梁(l=155M)は、当時の撮影者には外せない定番位置だったと記憶する。橋梁は3パーミル勾配なのだが、滝谷の発車直後に加えて原谷トンネルの13パーミルには力行の煙が期待出来たのである。
福島・会津磐梯ミニ周遊券の自由周遊区間に含まれないこともあって余り足を踏み入れなかった只見線なのだが、初めての滝谷下車でこの積雪の光景に出会えていた。これを撮れたので後は会津線側にばかり通ったと云うのが正解かも知れない。客車列車の残存もこの線に遅れて来た撮影者としては誠に幸いと云えたのだった。
列車は425列車の会津川口行き。
今は樹木の成長でこの位置には立てないと聞くが、この当時には右にも左にも回り込めて、橋梁を横側からも撮れたのである。ただ、残念ながらそれがどんな場所だったのか覚えていない。

[Data] NikonF PhotomicFTN+P-AutoNikkor5cm/F2 1/250@f8 Y48 filter NeopanSSS Edit by PhotoshopLR5 on Mac.

〔お詫び〕3月いっぱいに本業が極めて多忙となってしまい、更新の滞り気味なことご容赦下さい。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/243-dc2d8877
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)