FC2ブログ

70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

平岩 (大糸線) 1987

hiraiwa_03-Edit.jpg

信濃大町糸魚川間鉄道は、『軽便鉄道法』(1910年4月20日法律第57号)下に確保された鉄道建設費予算を以て1920年7月の第43回帝国議会の協賛を得て建設の決定し、同法の失効以後につき『鉄道敷設法』(1922年4月11日法律第37号)が制定されると、その附則第二項により第一条別表の予定線と同等に扱われた。
予算上の事由から幾度か着工の延期されながらも、信濃大町から中土までが大糸南線として1935年11月29日までに、糸魚川から小滝の区間が同北線として同年12月24日までに開通した。残る中土-小滝間にも着手されていたのだが、険しい地形に難航しているうちに日中戦争の勃発により1941年6月30日付で工事中断の止む無きに至り、戦局の悪化した1944年には軌道工事まで完成していた平岩-小滝間の軌道を始め橋桁までが金属供出により撤去されてしまった。
戦後いち早く1946年には運輸省鉄道総局により信濃川工事事務所の所管にて復旧に着手されるも、経済混乱にともなう資材の入手難などから遅々として進まぬままに再び中断、ようやく1953年6月に新橋工事事務所の手により再開され、1956年5月に信濃川工事事務所に移管の上での1957年8月15日のこの区間の開通を以て全通を果たしたのだった。
これに際しては、1937年6月1日付で買収した旧信濃鉄道区間や既設区間に存在していた簡易線規格を全線で丙線規格と改める工事も行われたのだが、橋梁には負担荷重KS-12の個所が残存した。入線機関車がC56に限られた所以である。ちなみに黒部第四発電所(ダム)建設資材輸送時のED60の入線は軌道強化を行っても速度制限を各所で受けた。
橋脚や隧道の施設は勿論、路盤工事も完成していながらの工事再開の遅れは、1949年の発足と同時に非採算線区の経営問題に直面した日本国有鉄道が、この線区についても逡巡したゆえと思える。地質の不安定な糸魚川静岡構造線上に位置し、急流として知られる姫川による水害や冬期の雪害なども考慮せねばならない災害線区との予測からも、開通を回避したいのが国鉄の本音だったろう。横浜地区や以西の東海地方と北陸地方との輸送においては短絡線となるに関わらず、軍部の要請も無くなっては、最小限の投資にて輸送力を考慮しない線路に留置かれたのである。それは今に繋がるこの区間の不幸でもあった。これには項を改めたい。

富山第一機関区の大糸線運用には、永年のキハ55/キハ52に替えて1982年度よりキハ58が入り始め、1985年度までには全ての運用が、それの2両組成に置替られていた。多くが秋田運転区と新潟運転所からの転入車で非冷房車だが、秋田からのクルマはパノラミックウィンドウ装備の1968年度増備車だった。
キハ58と云えば、かつてには松本-金沢間急行<白馬>に運用されるだけの線内では最優等車両だったから、1982年11月改正でそれの廃止されると同時に、今度は線内列車の全てが外見は<白馬>と云う鄙にも稀な華やかさがその頃の大糸線であり、そのままに西日本旅客鉄道の承継した富山運転所に引継がれていた。
写真はパノラミックウィンドウ車が行違う平岩駅、駅長が出発合図に向かう。列車は426D(左)と429Dである。
1982年度末に、列車回数の少ない単線区間向けに閉塞信号機を設けない方式で自動信号化され、松本指令所からCTC制御されていたにかかわらず、ここには要員配置駅だった。それを要した事由はわからない。

[Data] NikonF3P+AiNikkor50mm/F1.4S 1/125sec@f8 Fuji SC48filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopLR5 on Mac.

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/238-4e5e0d92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)