FC2ブログ

70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

下小川 (水郡線) 1979

shimo_ogawa_03-Edit.jpg

夏中、鮎の釣り人の姿が絶えない久慈川だけれど、落ち鮎の頃になると鮭の遡上が始まる。久慈川の流れる那珂郡山方村辰ノ口に生まれ育った祖母の話には、村人が網ですくって捕獲した話が語られ、それは面白いように獲れたと云う。そしてそれは、軒下に吊り下げて八溝山地から吹き下ろす寒風に晒す「干し鮭」となって貯蔵された。
もちろん1900年生まれの祖母が幼少の時分のことであり、現在に茨城県は資源保護から永年に渡り一部漁業者を除き県内河川での鮭採捕を禁止している。それは各河川とも孵化・稚魚放流を事業として行っておらず、自然繁殖に任されている事情からだろう。茨城県は自然遡上の見られる太平洋側の南限にあたる。

余談だが、稚魚の種苗法流により回帰に成功した遡上の南限は、千葉県九十九里浜に注ぐ栗山川である。ここでは1976年から千葉県水産試験場がそれを繰り返した結果、回帰が定着し、近年には300から800尾を採捕しての種苗生産が地元自治体を中心に行われている。
また、ここでの放流稚魚や東京湾多摩川での民間によるそれの「迷い鮭」であろうと推測される魚体の遡上目撃が、最近に神奈川県下の河川にて相次ぐが、回帰定着には至っていない。

久慈川の鮭は、流域に幾つか存在する取水堰堤への魚道整備などにて保護され、近年にはそこに注ぐ多くの細い流れの小さな堰も、遡上時期が渇水期でもあることから開放されて、産卵環境の良いかなりの上流まで泳ぎ入っている様子である。
これを背景に茨城県・県水産試験場では、将来の資源活用のテストケイスとして一般公募による「久慈川サケ資源有効利用調査」を2012年より実施している。遡上時期の数日間のみ、下流域の指定河岸でルアー釣りを、中流域でフライフィッシングを定員を限って許可する試みは、要するにはサケ釣り大会である。あくまで調査名目だから釣り人は採捕従事調査員とされ、釣果の魚体に関わる報告書提出など要するのだが、3尾までは持ち帰りも許され、何よりフライでの釣上げは全国的に許可事例の無く、一日あたり6000円と云う高額な施設利用料(つまりは遊漁料)にもかかわらず大変な人気と聞く。

ワム車を連ねて久慈川右岸を往くのは1350列車。
この当時に水郡線内の貨物扱駅は、砕石出荷の西金を除けば常陸大子が残されるのみとなっており、水戸との間に1往復の貨物列車が設定されていた。荷主は知らぬのだが、いつに見てもワムにワラの有蓋貨車ばかりの結構な財源のそれは、何かしらの定形輸送だったと思われる。
手前の沈下橋は、下小川 (水郡線) 1980 に書いた平山橋である。

[Data] NikonF2A+AiNikkor105mm/F1.8S 1/125sec@f5.6 Y48 filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopLR5 on Mac.

関連記事

コメント

Re: サーモンフィッシング

こんばんは。影鉄さん。

そうですか。フライ釣りは久慈川だけじゃあないんですね。認識不足でした。
わたくし自身は「釣り」趣味は持ち合わせていないのですが、
釣り師グループに混ぜてもらって、海釣りですけど、良く出掛けていた時期がありました。
釣果をその場で調理する掛りとしての参加です。刺身は勿論、天婦羅まで揚げてました。
こちらとしては、美味い肴が食えれば文句無く、酒を仕込んでホイホイとついて行ったものでした。

  • 2014/09/19(金) 02:17:08 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

サーモンフィッシング

こんばんは。
フライフィッシングと聞いて黙っておれず、連投失礼します。

日本でサーモンフィッシングが出来る河川としましては北海道の忠類川が特に有名で、東北地方を含めますと河川として十数箇所※あります。
(※各河川の採捕者募集要領を全て確認したわけではありませんが、原発事故の影響で中止している河川もあるようです)
やはりこれらでも『調査採捕』名目の釣りになるようです。
毛ばりは勿論、竿やリールなども相応の大きさ(全長、強度)のものを使いますが、私はこれら大型魚用の道具を持ち合わせていません。
私がいつも釣っている山女魚、岩魚は大きくても35cm程ですが、サーモンはこの倍の70cm前後になりますので。
フライでのサーモンフィッシングは主にウェットフライ(=水中を流す毛ばり)を使用しますが、私は専らドライフライ(=水面を流す毛ばり)を使用しますので、釣り方(主に竿の扱方) も大きく異なりますね。

なお、採捕にあたってはルアー、エサも可能のようです。

  • 2014/09/18(木) 19:19:12 |
  • URL |
  • 影鉄 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/228-61f1c2eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)