FC2ブログ

70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

大学病院前 (仙台市交通局・循環線) 1971

sendai_shiden_07-Edit.jpg

前に、道内版の記事 新冠 (日高本線) 1969 に書いたとおりに1967年以来の音楽好きである。
その未だに向こう岸の見えぬ大海に乗り出したにしては、羅針盤も持たない当時の情報源と云えば、新興音楽出版社(後のシンコーミュージック)が定期刊行していた雑誌「MusicLife」に、後はラジオしかなかった。中村とうよう氏が発行した「NewMusicMagazine」を知るのはもう少し後のことである。
ラジオは深夜放送の時代に入っていて、HBCが「北海道26時」を放送開始しており、それは「オールナイトほっかいどう」へと進化して往くのだが、そのDJトークは然程の情報源とはなり得ずに、ダイヤルを1242KC(キロサイクル、当時MHzとは云わなかった)にチューニング、ノイズだらけに微かに聞こえるニッポン放送の「オールナイトニッポン」へ必死に合わせていた。聞いていたのは勿論火曜日担当、糸井吾郎氏であった。
ずっと時代の下った後年のこと、実際にお会いした際、当時の拙いリクエストハガキを覚えていてくださった氏のことは、いずれ書こうと思うが、ここでは東北放送の安田立和氏である。
月曜深夜のニッポン放送に続く洋楽情報を探してチューニングしていて偶然にも聞こえたのが、仙台に所在の1260KC-東北放送、日曜深夜の「AMO東北ヒットパレイド」だった。後に聞けば同局が送信出力を50KWに増強した直後だったらしく、同時間帯の他の地方局の沈黙には札幌まで電波の到達したのだろう。当時に入局間もなかった安田立和アナと高原葵アナの二人による、基本的には邦楽洋楽別のランキング番組なのだが、洋楽好きの安田アナには新曲に名曲を含めてかなり渋い楽曲も紹介されていたのだった。
1972年か翌年と記憶するが、仙台に下車した折に同番組を降板後の安田アナを公開番組「スタジオ緑屋セヴン」を生放送していた仙台駅前のサテライトスタジオに訪ね、「札幌の○○です」と挨拶すれば、彼もリクエスト曲(R&Bばかりだった)と共に記憶していてくれたのには感激した覚えが在る。ずっと下っての80年代、仙台でのコンサート取材などの機会には会場でも何度かお会いし、打ち上げの宴席に同席させて頂いたこともある。
特定のジャンルと云うより、Billboard Top100に精通して、特にロック以前のポップスからニューロックと呼ばれた時代の音楽知識には傾聴させられるのところの多々在った。ご本人に意識は無いのは当たり前だが、音楽世界に漕ぎ出した最初の師には違いなく、役員まで務められて東北放送を退社の後、2009年にフリーとして「Radio倶楽部」で現場に復帰、現在も続くこのワンマンDJに生放送と云う基本的スタイルの番組は、一度 Radiko.jpで懐かしく聴かせてもらった。

大学病院前の分岐線を旋回して往くモハ100型は、おそらく9系統の原町循環だろう。
北二番丁、土橋通、北鍛冶町の三方向にデルタ線を形成していたここは、各方向共に頻繁な運行のあり、1968年にトロリーコンタクタ方式にて自動化されたのだが、病院側の歩道上にそれまでの信号扱い所、鳩の巣とか呼ばれた塔屋が残されており、これはそこの階段を上っての撮影である。今に思えば、それの写真を撮っていないのが惜しい。
背景の荒物屋に義手製作所は、当時無かったここへの歩道設置にて取り壊されてしまっている。

[Data] NikonF PhotomicFTN+P-AutoNikkor50mm/F2 1/500sec@f4 Y48 filter NeopanSSS Edit by PhotoshopLR5 on Mac.

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/225-f524027c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)