FC2ブログ

70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

岩館-大間越 (五能線) 1972

iwadate_03-Edit.jpg

1966年夏のほんの数日間ではあったけれど、五能線の細い鉄路が北海道連絡の重責を担ったことがある。
この夏、7月27日夜からの浅虫-野内間東京起点724K830M付近の切取斜面での地滑りにより東北本線が長期不通に陥り、北海道連絡の優等列車を横黒線(現北上線)や花輪線迂回の奥羽本線に、貨物輸送の多くも同線経由に振り替えていたところ、8月12日夜から翌日に掛けて津軽地方を襲った集中豪雨により大鰐構内下り方の第二平川橋梁が橋脚もろとも流失し、青森へは辛うじて五能線が連絡するのみとなったゆえである。
これにて、13日から奥羽線が仮復旧するまでの7日間に五能線には上下延べ93本の貨物列車に、17日までは日本海縦貫線の特急<白鳥>の迂回運転が実施された。この17日夜には再びの集中豪雨にてこの線も一時不通となりながらのことである(<白鳥>が18日運転より大鰐折り返しに改められたのはこのためだった)。
北辺の地域交通線に過ぎないこの線の輸送能力は、現行よりも遥かに閉塞駅の多かった当時でも一日に臨時貨物列車7本の運行が限界であり、それも200メートルに満たない停車場有効長から組成はワム車換算で18両程度に制限された。これに対しては、管轄の秋田鉄道管理局に五能線管理所は非常体制を以て迂回輸送遂行にあたり、大間越、艫作、大戸瀬の各駅に廃されていた列車行違い設備を急遽復活して閉塞扱いとし、8620形機関車の不足には花輪線運用よりの捻出にて応じた。臨貨の一部は停車場有効長を超えて組成の輸送力列車として、当然に線内無停車のこれには秋田機関区から助勤のDF50形内燃機が重連で任に当たったと記録にある。
迂回する<白鳥>の姿はWebにも見た覚えがあるものの、DF50が入線していたとは知らずにいた。低規格線入線を前提に軸重を14tに抑えていた同機の運転は可能には違いなかったろうが、事前に入線試験等を済ませていたとは思えない。もし撮影されていれば貴重な記録だが、おそらくは深夜の運行だったそれの残されてはいないだろう。
この想定外の緊急輸送の遂行に対して、時の国鉄総裁石田禮助は同年10月14日鉄道記念日に五能線管理所を始め東能代機関区及び弘前保線区に総裁表彰を与えて報いている。

日本海岸をトレースし至る所に岩礁海岸を見る五能線においても、海岸線に迫る急崖を須郷崎越えの最高所で60メートルの施工基面高を以て通過する岩館から大間越に至る区間は、開ける視界に乗るにせよ撮るにせよ核心区間のひとつに違いない。1972年の夏の終わり、その10K820Mのほぼ中間地点に架橋の木蓮寺橋梁へは、改良工事に着手されたばかりで、まだまだ砂利道の続いた国道101号線を岩館から延々と歩いたものだった。
既に冷たさも帯びた海を渡る風に磯の香は、40年余りを過ぎた今も記憶に鮮明だ。観光列車3往復の運転で人気の五能線ではあるけれど、車窓に見る景観は今も変わらぬとしても完全空調のそれに潮風は感じない。勿体無いことと思う。
列車は混合1730列車。貨車組成は短いけれど、貨物・荷物・郵便・旅客輸送が一体のここでの正調編成である。

[Data] NikonF PhotomicFTN+P-AutoNikkor5cm/F2 1/250sec@f5.6 Y52filter NeopanSSS Edit by PhotoshopLR5 on Mac.

関連記事

コメント

Re: 国鉄マンの魂

こんばんは。

例の「雪無し」ツアーの時ですね。確か、狂電関人様のカットで拝見しましたような。
ここをDF50が通過したなんて、親不知や山陰線西部のに瓜二つの光景が展開された訳でして、
その記録を見つけた時にはワクワクしたものでした。

私企業の旅客鉄道各社にしてみれば、リスク回避は当然の行動ですからね。
迂回輸送は勿論のこと、運転出来るところまでは走らせることも無くなってしまいました。
国鉄の解体から四半世紀、今の各社社員は、最早ごくごく普通のサラリーマンでありましょう。

  • 2014/08/28(木) 18:37:39 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

国鉄マンの魂

国道が舗装され立派になり過ぎたのを別にすれば、変わらない風景ですね。
日本海に響くドラフトを一度でいいから聞いてみたいです。
先日はこの写真中、オハユニの向こうの岩の上から撮りました。

五能線振り替え輸送、凄い話ですね。長編成の特急やDF50が走るなんて、本当に線路は大丈夫だったのかと不思議です。
大動脈を途切れさせない、国鉄マンの魂を感じる様な話です。
あっけなく運休にしてしまう昨今、リスク回避の名の許にそんな魂を讃えることも無くなっているとすれば寂しい限りです。

  • 2014/08/27(水) 22:29:19 |
  • URL |
  • 風太郎 #ORZvdv76
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/220-b2d4738a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)