FC2ブログ

70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

真鶴 (東海道本線) 1999

manazuru_01-Edit.jpg

2014年7月25日のこと、国土交通省運輸安全委員会は2012年4月26日に江差線釜谷付近にて発生した貨物列車脱線事故の原因について、コンテナ内積荷の重量偏差に起因すると結論した。当該コンテナ車に五個のコンテナの内、後部寄りに搭載の2個に印刷用トナー原料が左右で大きな重量差をもって積まれた結果、脱線位置とされた半径300メートルの曲線通過時の横圧にて車輪の浮き上がって脱線に至ったのだった。(鉄道事故調査報告書RA2014-7)
実はこの種の積載不良による事故は、国鉄当時から悩ましい問題だったのである。この報道に接して思い起こしたのは今を去ること30数年前、1977年5月27日に東海道本線真鶴構内で発生した脱線事故、通称の真鶴事故である。
この日、13時44分頃、時速43kmにて真鶴場内に進入した3150列車の20両目に組成のトキ25000が半径500メートルの曲線を通過中に脱線、前後の組成車の脱線を誘発して結果的に16両に及び、内当該車を含め9両が横転すると云う事故であった。これも原因はトキに積まれたルッペ(直径10ミリ程度の鉄粒)輸送の鉄製容器が固定不良にて曲線通過時の遠心力で移動し積載の重量バランスを崩しての脱線であった。
貨物の積載方は鉄道の責であり、国鉄は貨物営業管理規程や同基準規程に準拠した積載標準を示し、実際の作業者たる通運業者に対して監督・指導して来たのだが、積付け不良に過積載は後を絶たなかったのである。対しては、例え列車に組成されて輸送(運行)中であっても不適切な積載の発見されれば、直ちに臨時停車させてでも手直しや、それの叶わなければ車両解放の措置が取られた。けれど、封緘のされた貨車を開扉しての検査の出来るで無く、真鶴事故の原因車たる無蓋車であっても見逃しは生じざるを得ないのだった。
これは時代の進んでコンテナでも同様なのではあるけれど、コンテナなだけに要求される荷役機械に検知センサが行き渡れば、少なくとも過積載に重量偏差だけは事前に検知可能となるだろう。とは云え、それの叶うまでには相当の時間を要しようか。

真鶴から旧線の長坂山隧道へと向かう列車の俯瞰は古の鉄道雑誌に見ていた。最新のドライブウェイとして開通間もない真鶴道路と併行して直下の山裾を巻いて往く複線電化の大幹線は、当時にそれを知らない北国暮らしの子供の眼には眩しく印象に残っていたのである。
線路は真鶴トンネル経由の新線に切替えられて久しいけれど、その抗口は長坂山隧道と隣接するからトンネルまでの路盤は変わらない。それを眼下にする立ち位置は真鶴道路から付近の蜜柑畑斜面を上ったあたりとの目星に五万図に当れば、棚子下へ続く道路が斜面を横切っていた。岩海岸から谷を詰めながら斜面へと取り付くその道は真鶴道路より以前から通じていたものだろう。

写真は真鶴トンネルへと向かう958列車。
斜面に白くガードレールも見えてはいたのだけれど、いざそれを辿ってみれば好ましい画角の見つからず抗口の直上あたりまで上ってしまった。30数年前の先達の位置にも立てはしたものの、山裾の樹木が成長して見通しは困難だった。

[Data] NikonF5+AiAFNikkor ED180mm/F2.8D 1/250sec@f4+2/3 C-PL filter Ektachrome Professional E100SW [ISO160/0.5EVpush] Edit by PhotoshopLR5 on Mac.

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/219-d7f662dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)