FC2ブログ

70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

龍ケ森 (花輪線) 1971

003-06-Edit.jpg

1970年代前半の蒸機ブーム末期に、盛岡鉄道管理局はそれを増収策と捉えてか、撮影者を集めてのイヴェント開催に熱心だった。8620の三重連運転で名を馳せた花輪線でのことである。
手元の記録にあるだけでも、それは1970年8月9日と10月11日、そして内燃機への置替も間近に迫った1971年9月25・26日に開催され、龍ケ森の見学者ノートに住所氏名を記入していたせいか、事前に同駅から案内の葉書までが届いたものだった。
今時と異なり、盛岡等近隣からは自動車でやって来る撮影者も居たけれど、首都圏や仙台方面からはほぼ全てが鉄道利用であり、それを織込むならば確かに相当の増収をもたらしたはずである。
盛岡から始発での龍ケ森入りを狙って前日の<八甲田>に乗ったのだけれど、仙台以南区間への最終列車でもあり、青森に6時過ぎと云う時間帯の良さからも週末には普段から行楽客や山行客の利用の多いこの列車は、まるで盆暮れのような賑わいを見せたものだった。確かに銀箱に三脚の一群が余計だったことになる。途中仙台からもそれを加えて、通路まで身動きの取れぬまま到着した深夜の盛岡駅待合室は、先着組を含めて龍ケ森を目指す撮影者達で溢れ返っていたのを思い出す。未明からのこれだけの集客までは読んでいなかったものか、始発の大館行き気動車はいつもの3両編成で、これも龍ケ森組で満員であった。

「SL三重連撮影会」と銘打ったこれの目玉は、勿論その頃に後機後々機の三台運転は在っても69年を最後に定期運用では無くなっていた前機前々機の三重連の復活にあるのだが、71年の開催では、一方の補機解結駅岩手松尾に転車台のないことから逆向き後機しかあり得なかった上りにもそれの運転されるのが特別なのだった。関連運用の補機解結を好摩に変更、機関車は云うに及ばず乗務員から構内作業員ダイヤまで変更してのことである。
また、70年には盛岡との間に(回送で荒屋新町着発)<竜ヶ森高原号>のトレインマークを付けた重連牽引の送客列車の運転も特筆されよう。
当然ながら大場谷地峠の沿線には至る所に撮影者の貼り付き、それの排除にはコンテに思い描いた画角など困難だったのは云うまでも無い。70年はまだしも、おろらくそれの倍は集客したであろう71年には、加えての飛び交う罵声に嫌気の差して二日目には峠を敬遠したものだった。→ 赤坂田-小屋の畑 (花輪線) 1971

写真は、おそらく最初で最後だった上りの正向き三重連、966列車。
ただシャッタを押しただけに終わってしまい、これ以後にはイヴェントの類いには近づかなくなった。

[Data] NikonF PhotomicFTN+P-AutoNikkor50mm/F2 1/250sec@f4 Y48 filter NeopanSSS Edit by PhotoshopLR5 on Mac.

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/214-3b65e388
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)