FC2ブログ

70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

越後金丸 (米坂線) 1971

echigo-kanamaru_02-Edit.jpg

越後金丸には鉄道雑誌に見ていた先輩諸兄による写真に惹かれて下車した。
ここの荒川は1961年に竣工した堤高30.2メートルの岩船ダムにより渓谷は失われていたけれど、代わりに上路式ワーレントラスの第一荒川橋梁(l=124M)が湖面に姿を落とす景観がそれには見て取れ、1968年に坂町から乗った車窓で対岸断崖上の国道からの撮影とも承知していたからである。1967年8月28日にこの地を襲った「羽越水害」から復旧のまもない頃で、鉄橋に国道の健在を確認して安堵したものだった。
けれど、これと同一設計のトラス橋の架けられていた、その先の第二荒川に玉川口前後の第三・第四荒川は川幅の狭まった屈曲部への架橋が災いしてか流失したものらしく、下路式トラスへの架替を確認したのも、このロケハンだった。加えては、全てを流された越後金丸がその地には不釣り合いな大きさの鉄筋コンクリート構造に建替えられていたのが印象に残っている。

上路から下路トラスへの選択は、水害を教訓に増水時の水面からの空頭確保を意図したものだろう。第三橋梁が1967年11月1日、第二が同じく12月7日と記録される復旧は驚くべき早さである。おそらく被災直後には設計と製作の始められたものと思う。発注先は石川島播磨重工であった。第四橋梁の復旧には東海道本線の旧上り線大井川橋梁に架設されていた1911年American Bridge社製作のピン結合下路単純Schwedlderトラスの一連が転用され、廃用の19世紀末のCooper-Schneider設計の歴史的トラスが偶然にも再用されたのだった。
これにて米坂線に1931年鉄道省標準設計のワーレントラスは第一荒川を残すのみとなって現在に至る。当然に水没はしたであろうこれの流失の免れたのは、ダム貯水域に在って水勢の弱められたゆえだろうか。

この日、第二橋梁の上路トラスの失われたことは承知で歩き始めたものの、それに並行して国道新道の建設工事が始められており、歩を進めれば目当ての第一荒川橋梁に並んでは手前側に巨大な下路トラスの構築が遠目にも見て取れ、これには大いに落胆せざるを得なかった。
この国道113号線の改良は水害とは無関係に計画の存在していたのだろうが、それを契機に進展したと思われた。鉄道が敢えて避けた左岸の断崖を通過していた旧道の拡輻を困難と見て、これを荒川に架橋しての右岸付替には、ほぼ鉄道と同線形となって第一荒川橋梁の景観が失われたのである。
目論みの外れれば代替を探す他に無い。持参の五万分の一地形図には八ツ口集落前後の上ノ沢と下ノ沢に短い架橋が記され、現地で新道工事箇所とは距離の在る下ノ沢橋梁と決めて、その上流側に見えた雪の急斜面を登ったのだった。深い積雪は表層の締まる融雪期ゆえに這い上がれたものと思われ、降雪期なら困難だったろう。

列車は混合125列車。
下り勾配に期待していなかった白煙を引いて現れたのは良いのだが、お陰でこれも予想外の重連がそれと見えない。

[Data] NikomatFTN+AutoNikkor105mm/F2.5 1/500sec@f5.6 Y48 filter Tri-X(ISO400) Edit by PhotoshopLR5 on Mac.

関連記事

コメント

Re: タイトルなし

こんばんは、風旅記さん。
通知メイルに気がつきませんで、レスポンス遅くなり申し訳ありません。

提示いただいたURLは第四荒川ですね。これの復旧の遅れたことで小国-玉川口間が最後まで不通区間として残り、
全通は1968年6月28日となったのですが、それでも10ヶ月です。
近年の例ですと、高山線や越美北線などの3年とは雲泥の差と云えましょうか。
旅客鉄道会社が被災線区に冷淡であるのは、復旧させたところで利益を生まぬ線路ですから、
一私企業とすれば当然の行動でしょう。
嫌々ながらの復旧には、金利負担の最小化を図りつつですので数年を掛ける訳ですね。

  • 2014/07/09(水) 00:11:25 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

おはようございます。
米坂線に乗り、荒川の渓谷を眺めていたときに通ったであろう橋の一つ一つの歴史が興味深く、楽しく拝読致しました。
http://kazetabiki.blog41.fc2.com/blog-entry-1891.html
同じく橋が流出した只見線は、いまだに復旧の兆しが見えませんが、当時とは鉄道の位置づけが違ってきているのでしょう。
米坂線も、この山深い土地に橋を架け、トンネルを掘り、鉄路をつなげた先人に、やはり畏敬の念を覚えます。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

  • 2014/07/07(月) 08:50:27 |
  • URL |
  • 風旅記 #O7xVy9HA
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/206-2fdef15c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)