FC2ブログ

70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

風合瀬 (五能線) 1978

kasose_04-Edit.jpg

近年には実見していないので何とも云えぬが、この頃に津軽西海岸での海水浴スタイルは北海道でのそれに極めて近かった。海水浴に来ているのか、ジンギスカンに来ているのか境目の無い「アレ」である。勿論、ここではそれに替えてのバーベキュウなのだけれど、ビーチパラソルの日陰に砂浜で寝そべる内地での一般的スタイルの中にも、テントを張り調理道具を持込む家族連れや集団は珍しく無く、小さな鉄板で慎ましく肉を焼く若いカップルも見かけた。
道民には、春の花見に始まって子供の運動会に町内会のお祭りに、秋の観楓会にと事ある毎に野外でのジンギスカンは習慣化しているゆえ海水浴にそれの持込まれるに不思議は無い。
ここでの野外調理との一体化は何故なのだろう。奥羽地域にも山形・宮城県下での芋煮会に代表されるような家族や学校に職場、地域などの集団による野外料理の習俗が見られる。岩手県での芋の子食い、秋田県での鍋っこ、福島会津方面での茸山である。ところが津軽地域を含めた青森県下にその系統は見当たらないのである。かつて南部地域には地元青年団などの行事の記録の在るようなのだが、それは芋の子食いからの分派であろう。津軽では、どうやら海水浴だけが野外調理と結びついている様子である。
おそらくは、北辺の短い夏にシャワー設備やトイレまでならまだしも充実した飲食施設の整備された海水浴場の無いことによるのだろう。しかも自治体による指定の多くは、海水浴場では無く海水浴適地に留まり、弁当の持参を要するなら現地で調理と云う習慣の定着したものに思える。同じく日本海岸に面していても、秋田市周辺の整備された海水浴場となると、鍋っこ遠足の学校行事化している地域に関わらず、それは内地型のスタイルと記憶する。

夏休み期間を避けて道内で一週ほどを過ごした帰路だから9月も初旬である。日差しはまだまだ強くても風合瀬の浜にはひんやりとした風の渡るのだけれど、疎らながらも海水浴客の姿を認めた。水着には着替えても当然に海へ入るで無く、一頻りバーベキュウに興じると往く夏を惜しむかのように浜辺に佇むのだ。

列車は混合1735列車。でも、この日に貨車の組成は無い。
夏の終わりとは云え数日の野外行動にこの日の日差しの引き金になったのだろうか、青森からの<八甲田>の車内で両耳の皮膚の硬くなっているのに気がつき、触っているうちに耳の形のままに皮が剥けた。後にも先にも、そんな経験はこれしか無い。

[Data] NikonF2A+AiNikkor28mm/F2.8  1/125sec@f8  Non filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopLR5 on Mac.

関連記事

コメント

風合瀬あたりで、苦し紛れ

風合瀬の浜は、ほんとに海と空しかなかったものですから、苦し紛れの画角です。
こりの前の上り気動車で、このカーブに丘が被らないのを見つけたのを良いことにの苦し紛れでした。
この頃、ここは海水浴適地に過ぎなかったのですが、近年に晴れて海水浴場となったようです。
更衣室などの設備はそれゆえでありましょうか。
どこもかしこも、近代的に「発展」して往く訳なのですね。

  • 2014/06/03(火) 00:31:26 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

風合瀬あたり

風合瀬は散々行きましたが、こういう空に抜くアングルは思いつかなかったですねえ。
ここの夕陽も絶品でしたね。
まあとにかくいろいろなアングルが可能だった名撮影地。
真夏の時期は行っていないので海水浴云々は良く分かりませんが、
シャワーコーナーの残骸がありましたか。
それ程栄えた海水浴場とも思えず、うらぶれた雰囲気でしたが、
この冬に行った時は立派な建物が建っていて、確か更衣室と書いてあったような。
その「更衣室」裏手にあの俯瞰の丘への直登ルートがあったとは、大巻きに登ってみてから気付きました。

変わらないようで少しづつ変化が忍び寄る風合瀬。

  • 2014/06/01(日) 18:42:51 |
  • URL |
  • 風太郎 #ORZvdv76
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/194-0e2134b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/05/26 08:53)

秋田市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

  • 2014/05/26(月) 08:53:07 |
  • ケノーベル エージェント