FC2ブログ

70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

仙台 (東北本線) 1971

sendai_01.jpg

1971年3月20日より運転を開始した<あおば>には、運転初日の上下列車に乗っている。春休みの渡道に合わせてのことだが、その途上で仙台から秋田を往復したのである。
1968年10月の改正における特急列車の増発と運転速度向上にて、その全国的なネットワークの深度化の図られたとは云え、線路の繋がっていない北海道を除けば、特急列車とは首都圏ないし関西圏あるいは名古屋を起点の設定と云う当時に、地方都市間連絡は1967年10月1日より門司港-西鹿児島間に運転していた<有明>に次ぐ設定であり、これが最初の事例だった北上線のごとき地方支線区への特急運転に興味を抱いた故であった。

上野まですら3時間53分の実現していた当時に、陸東線・北上線・田沢湖線と各線経由の急行列車の在りながら最短でも4時間半強を要していた仙台-秋田間の輸送改善は国鉄東北支社の課題のひとつであった。その中での1970年2月の奥羽線<つばさ>へのキハ181系気動車投入は千載一遇の機会と映ったに違いない。この区間の到達時分短縮に、線路規格の低い奥羽線内や支線区間での運転速度向上は困難ではあるけれど、この高出力機関搭載系列を用いれば、軌道の整備された東北線内を電車並みに走行可能な上に、2往復の<つばさ>は運用上に秋田で丸一日近い滞泊を余儀なくされていたのである。そして北上線経由運転は両駅間を結ぶ最短距離であった。
本社内には一部に残った反対を押し切っての設定は、当初に(毎日運転の)臨時列車であり、<つばさ>編成に中間電源車として組成のキハ181の向きを上り向きに方転して、それを含む下り方の6両使用の全車普通席の編成(この時点でこれを附属編成とした)ではあったけれど、この臨時特急は、4時間を切る運転時分にまずまずの成功を収め、半年後の1971年10月1日改正にて尾久区への増備による<つばさ>編成増強を背景に、同編成上り方の特別車や食堂車を含む6両(基本編成)運用に改められて、特急としての面目を一新したのだった。

写真は仙台駅6番線に入線した8021D<あおば>の一番列車。隣では地元新聞のカメラマンもシャッタを切っていた。
1番ホームからが大半の下り優等列車に、本屋から最も遠く上屋も半分しか覆わない6番ホームは些か寂しいが、仙台運転所からの回送には致し方ないところだろうか。発車に際しては仙台鉄道管理局の吹奏楽隊も参加した出発式が挙行され、途中北上線内の停車駅となった陸中川尻ではホームから溢れんばかりの地元住民の集まる中で、湯田町による歓迎式も行われ、また車内ではここから乗り込んだ観光協会からの記念品の配布もなされたのだった。

秋田では、その近郊で蒸機を撮影して過ごし、なまはげも登場した出発式の行われた夕方の上りにて仙台へと戻っている。
東北支社の力を入れたはずの特急列車にかかわらず、途中停車各駅の構内アナウンスが<あおば>と呼称せずに「臨時特急」と繰返していたのが気になった乗車ではあった。そう云えば、目黒駅で購入したマルス103のV型端末からの特殊指定共通券での発券も、当然に活字棒の準備の無くて別途「特急券」「臨時」と押印されていた。
実は、<あおば>にはその最終運行となった1975年11月24日の上り12Dにも乗りに出掛けている。都内からの到達の関係で陸中川尻での乗車だったけれど、車内は普段と変わらず、特別の車内放送も無しに淡々と仙台に終着したのだった。
編成は秋田に戻ること無く、翌日に尾久へと有火回送された。

[Data] NikonF PhotomicFTN+P-AutoNikkor50mm/F2 (Data unknown) Y48 filter NeopanSSS Edit by PhotoshopLR5 on Mac.

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/185-48d032b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)