FC2ブログ

70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

湯野上 (会津線) 1973

yunokami_04-Edit.jpg

国内に唯一の事例だそうである。1920年代から30年代に駅舎建築に優れた意匠を残した鉄道省も、中央本線日野のように農家を模した例はあるにせよ、さすがに屋根を萱で葺くことはしなかったのだけれど、この会津線が福島県と本店を福島市に置く地方銀行の東邦銀行を公共・民間それぞれの筆頭株主とする第三セクター経営の会津鉄道に承継されて以降の1987年12月に建替られた、湯野上の駅本屋は茅葺き屋根を戴くのである。
それを知らずにいたものだから、単なる観光旅行でほぼ20年振りにここへ降りた際には些か面食らったものだった。
観察すれば、深い寄せ棟に切妻屋根を十字に配して向拝までも設けた、木造漆喰壁の本格的民家建築であり、内部(内装)も古民家風に設えられ、萱の維持に不可欠の囲炉裏も置かれて実際に屋根を燻している。重要伝統的建造物群保存地区である下野街道大内宿のゲイトウェイを意識しての観光駅舎に違いないが、近年に見られる「なんちゃって建築」とは一線を画しており、周期的にやって来る葺き替えを含む維持・管理からも、この第三セクター鉄道単独ではなく、地元下郷町との観光フロントを兼ねての共同事業であろう。乗車券類の販売ばかりでなく、日常の管理も下郷町が受託している様子であった。

観光フロントと思えば茅葺き・囲炉裏にも納得も往き、古民家の再現に手抜きをしなかった当事者の姿勢も評価されて然るべきだが、ことさらに「駅舎」を強調されると鉄道屋には違和感も残る。R=700からR=350で緩く曲線を描いた構内に上下乗降場が往時の姿を留めているだけに尚更の感が強い。特に乗降場に林立する幟旗には興醒めした、と書いておく。
こじんまりと端正にまとまって、乗降場側へ入母屋風に回された庇も好ましく、鉄道省による「小停車場駅本屋標準図」(1930年10月6日工務局達第875号)に示された1号型図面に準拠したと思われる、それこそ山間のルーラル鉄道に相応しい赤い屋根の本屋を知る身には、駅舎に板敷きの小上がり風フロアの囲炉裏端は、やはりそこが駅とは思い難いのだった。

下り線に停車するのは1391列車。ここで対向の324Dを待つ。
画角を邪魔する、使われなくなった通票授け器のマル印は、次駅桑原方の通票第一種の確認用表記である。
春浅い3月。櫻の蕾もまだまだ固く、それに集まる乗客達の皆の長靴姿は融雪に山間の道が泥濘むのだろう。

[Data] NikonF photpmicFTn+P-Auto Nikkor105mm/F2.5 1/250sec@f4 Y48filter Tri-X(ISO400) Edit by PhotoshopLR5 on Mac.
関連記事

コメント

Re: そうでしたか

この鉄道ノスタルジィの時代となりますと、旧駅舎を大事に使い続けていたほうが、観光客にはウケたかもしれませんね。
さらに、茅葺きの観光案内所なら鬼に金棒だったかも。
それにしても、乗客が揃ってねんねこに綿入れ姿なんですよね。これも春先と云うことなのでしょうか。
何れにせよ、時代を感じます。

  • 2014/04/18(金) 00:04:25 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

そうでしたか

湯野上、というか会津鉄道をまったく訪問したことがないため、
まさかそういう駅になっているとは・・・。
昨年、鉄道+観光旅行で会津若松を訪問する際に大内宿をカット
したため、見逃してしまいました。
桜の枝越しの湯野上駅風景、ねんねこ姿がいかにもマッチしてますね。

  • 2014/04/17(木) 09:04:28 |
  • URL |
  • マイオ #pcU4xDNY
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/183-85b4b1a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/04/17 08:42)

福島市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

  • 2014/04/17(木) 08:42:33 |
  • ケノーベル エージェント