FC2ブログ

70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

梅ケ谷 (紀勢本線) 1983

umegadani_02-Edit.jpg

天王寺-名古屋間を紀勢本線経由にて連絡する特急列車の運転開始は1965年3月1日のことであった。
当時に国鉄は、1957年度を初年度とした第一次五カ年計画、それを途上で打切っての61年度からの第二次五カ年計画による老朽施設更新、幹線輸送力の増強に近代化を背景に主要幹線のみならず地方幹線に至る特急列車網整備を進めていたのだが、準急のみにて急行列車すら設定の無かった線区、区間への特急設定は異例であり、その強い意欲の現れと見て良いだろう。
紀勢本線での優等列車による輸送実績は大半が白浜口(現白浜)への観光客輸送であり、天王寺からの160キロ余りは特急運転を要しないとされて、それの大幅増発のなされた1961年10月改正では見送られた経緯がある。しかしながら、同改正で設定の山陰線特急が時期尚早と云われながらも、大阪・京都よりほぼ同距離である城崎方面への観光輸送に加えて、対地方都市間輸送も想定外に堅調で、64年3月の松江から博多までの延長に自信を深めての設定と思われる。一挙に名古屋までの運行は、特急列車に相応しい長距離運転と紀勢線東部区間での需要開拓も意図してのことだろう。けれども、大阪府南部や奈良と名古屋連絡の関西線特急と共通運用にて両立を図った設定は、双方とも名古屋口での利用には不便であった。そもそも直通旅客の考えられないこの列車は、白浜や新宮などでの旅客の入れ替わりを前提にした多目的設定だったから、関西線特急運転ゆえのそれは不適切としか云えなかった。
これは、67年10月改正での関西線特急の廃止時には改められず、68年10月改正にて下りの時刻が繰り上げられてようやくに解消した。

1964年度末時点にて紀勢本線は僅かに海南-東和歌山(現和歌山)間の線増が完成したのみであり、特急運転際しては双子山と梅ケ谷の両信号場が開設された。梅ケ谷は、多気から宮川-大内山川-梅ケ谷川と谷を詰めて来た線路が熊野灘の沿岸へと下り始める荷坂トンネル入口側の亀山起点89K460Mに置かれ、その施工基面高の192M70は紀勢本線での最高所でもある。海岸線までは直線距離にて6キロ足らずの位置であるから、紀伊半島の地形の険しさが知れる。
特急設定時のダイヤで上下行違いは船津だったのだが、大内山-紀伊長島間11.5キロがダイヤ構成上に特急列車運転を阻害とされたのであろう。
ここは、地元の大内山村(当時)から駅設置要望の出されていたこともあり、1965年11月1日付にて駅に昇格したけれど、信号場からの運転要員の配置はあったものの営業窓口の開かれること無く実質的に無人駅であった。

写真は、梅ケ谷で離合する5D<南紀5号>と6D<南紀6号>。手前側、通過列車が6Dである。
高山線の<ひだ>もそうだったけれど、道内の気動車特急を見慣れた眼には、この列車には特急としての威厳が全く感じられなかった。

[Data] NikonF3P+AiNikkor105mm/F2.5S 1/125sec@f4 Non filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopLR5 on Mac.

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/178-e453e870
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)