FC2ブログ

70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

竹沢 (八高線) 1996

takezawa_01-Edit.jpg

1970年には、まだ札幌に居て八高線の蒸機は撮っていない。その後もDD51形内燃機関車がそこを走っていたことは十分に承知していたけれど、先達諸氏の撮影を誌上に見れば、関東平野西縁の沿線風景に今ひとつ触手の伸びずにいたのである。おそらくは北の育ちで見慣れないせいに違いないが、紅葉黄葉の時期はともかくも広葉樹の雑木林には惹かれなかった。
セメントホッバ車で組成の貨物列車は魅力であっても、優等列車は既に無い上に普通列車に苦手なキハ30/35がやって来ることも理由ではあった。
この線を撮り始めは、以来20年余りを経ての1990年代の半ば以降になる。それは、その頃に再開した高山線撮影の帰路に利用していた富山からの<能登>を早朝の高崎に捨てれば、一日をここで楽しめたし、なにより自宅の在る相模原への短絡経路だったからに他ならない。帰りがけの駄賃と云ったところである。

当時には、手近なDD51の運行線区として注目されつつあり、高山線では出会うことのなかった鉄道屋を、ここでは随分と見かけた。
とは云え、定数一杯の14両組成のホッパ車編成を重連で牽くのも、道内線区は勿論のこと東北線に羽越線、奥羽線と幹線系線区で優等列車や長大貨物編成の先頭に立つ姿ばかりを眺めた眼には、地域交通線での何とも地味な仕業に見え、保守基準の低い線路空間をゆっくりと窮屈そうに走るのは、函館/室蘭線を疾駆する機関車とは別モノにも思えたものだった。
財源が重いセメントで無ければ、9600にD51の入線を要せず、C58からDE10形への置替で事足りた線区だったろう。

降りていたのは高麗川から寄居の間ばかりで、その以北・以南区間はほとんど撮っていない。丘陵地を下った市街化の激しい区間を意識的に避けたのだが、そこに限らず、この頃に撮っていた中では珍しくも沿線の人口密度の濃い線区ではあった。
けれど、そのお陰で食事だけには困らなかったのである。道内線区や高山線など前日に用意しておかないと一日をエサ無しに過ごすことも珍しくなかったのが、ここでは立ち位置の至近で飯が食えた。
毛呂駅前の定食屋、越生駅前の中華食堂に渋沢陸橋近くのラーメン屋、竹沢駅前の蕎麦屋、用土駅近くのトンカツ屋と思い出すのは幾らでもある。沿線最大の街だから当たり前かも知れないが、白眉は寄居北口の役場ビル7階のレストランだったろうか。役所の食堂だから安い上、大窓には秩父山系の展望が開けていた。

竹沢から折原への区間は、丘陵を縫うようにして小さなサミットを越えており、決定的な立ち位置もなかったけれど好ましい沿線風景が展開して幾度も歩いた。
写真は第三木呂子踏切(57K569M)の先、R=400曲線をゆっくりと旋回する5276列車。
14車組成の見られたのは、この高麗川行きと倉賀野から寄居への5294列車だけだったと記憶する。

[Data] NikonF4s+AiAFNikkor ED180mm/F2.8D 1/250sec@5.6  Fuji CC2.5M filter PKR Edit by PhotoshopLR5 on Mac.
関連記事

コメント

Re: タイトルなし

こんばんは。
ご丁寧にありがとう御座います。カット、拝見しました。
安普請の印象ですが、まあ順当なところでしょうか。櫻も健在な様子ですね。
沿線の都市化は進行しているはずなのですが、流動は都心方向に向かいますので、東武線には流れても
南北移動の八高線の出番はないでしょう。

  • 2014/03/03(月) 00:11:55 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

建て替え後の竹沢駅です。
http://kazetabiki.blog41.fc2.com/blog-category-25.html
私は、車窓に以前の駅舎を見ていましたが、この駅に降りることになったときには、既に新しいものに代っていました。
今では更に、無人化されたようです。
沿線人口が高齢化し、減っていく中で、縮小均衡点さえ見つかっていないように感じます。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

  • 2014/02/28(金) 15:10:29 |
  • URL |
  • 風旅記 #O7xVy9HA
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんばんは。

そうそう、竹沢は改築されてしまったそうですね。
あのこぢんまりとした佇まいは好きでしたのに。駅前の櫻も見事と覚えています。
鉄道省の建築にしては、私設鉄道の匂いのする当時のどの規格にも当てはまらない設計は、
同時期の北海道内の地方線の駅舎よりも遥かに小さいものでした。
西縁とは云え、首都圏に位置する路線ですから沿線の都市化は、今後も進展するでしょう。
それら新住民が利用するとは限りませんけれど。

  • 2014/02/27(木) 01:06:45 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

おはようございます。
貨物列車がなくなり、駅も少しずつ建て替えられて、八高線もますますコンパクトになりました。
高麗川駅の使われなくなり錆び付いた側線を見ていると、寂しい気持ちになります。竹沢駅も以前の木造駅舎は失われてしまいました。
時間軸に沿って見比べると、この沿線に建売住宅の大群が押し寄せて来るようで、里山の風景が壊れていく様子がよく分かります。
長閑なローカル線も、実は長閑に無変化でやり過ごすことはできないものなのだと、改めて思います。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

  • 2014/02/26(水) 10:11:51 |
  • URL |
  • 風旅記 #O7xVy9HA
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/168-31938302
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)