FC2ブログ

70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

龍ヶ森 (花輪線) 1968

ryugamori_02-Edit.jpg

まだ札幌に住んでいた頃、1968年から70年まで毎年に写真の師である親父のお供で北東北へ遠征していた。行き先は羽越本線今川に奥羽本線矢立峠、それに花輪線は龍ヶ森であった。1968年の夏と云えば東北本線に大型蒸機も健在だったけれど、この年5月16日に発生した十勝沖地震の被災からの復旧にて遅延するかと思いきや、既に全区間で電車線路の架設を終わり、通電も近いと伝え聞いて諦めたものだった。
龍ヶ森へは1971年の無煙化間近に行われた三重連の復活運転に再訪しているが、この時がそれに接した最初の機会だった。
なにより、8620なる機関車は、当時の道内では札幌から離れた名寄に池田、そして釧路に少数が残るのみだったから実機を見るのも始めてである。苗穂にも居た9600と同時代の旅客用機との知識どおりに、それに比べてかなり細身の華奢な印象で、かつて東海道線で優等列車を牽いたとも知っていたから、このルーラル線区の急勾配を3台運転をしてまで貨物を牽く姿には一抹の侘しさを感じもしていた。
それでも、細いボイラに似合いのやや甲高いブラストが三重連ともなると、時に同期し時にバラけてそれを波のようなウネリのリズムに繰返しながら、ゆっくりと勾配を近づいて来る様にはすっかりと魅了されたのだった。それは岩手松尾を発車して間もなくから、この標高500メートル余りの峠まで途切れ途切れに届いていたと覚えている。
ここでの補機は、一方の解結駅の岩手松尾に転車台を設備しないため常に荒屋新町方を正位として運用されていた。したがって上り列車には逆向きとなって後機・後々機を定位とし、前機・前々機は下り列車に限られたのだが、補機連結順位は松尾での構内作業ダイヤにて決まり、多くは後機、後機・後々機、あるいは前機に後機の運転となって、この時期に三重連運転は昼過ぎに1本だけだったと記憶する。
蒸気機関車がブームと呼ばれ始めて、定番の位置であったこの腰の森隧道からのR302曲線区間は多くの撮影者を集めた。けれど、この1968年の夏休み期間中の一日に数えたのは5人に満たない。これは函館本線の上目名とて同様で後々の狂乱はまったく想像出来なかった。
付け加えさせていただけば、この当時に撮影に出て御同輩に出会うこと自体、あまりない体験でもあったのだ。

このBlogの表題の範疇を外れてしまうのだが、この68年からの内地撮影も今後に加えさせて頂く。
列車は前機と前々機の三重連運転の965列車。この頃に大場谷地峠で撮影可能な蒸機列車は昼間に6本があった。38688は荒屋新町区の配置で、ほぼ補機に専用された機関車である。

[Data] NikomatFT+P-AutoNikkor135mm/F2 1/250sec@f5.6 Y48filter NeopanSS  Edit by CaptureOne5 on Mac.
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/152-9d0a18c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)