FC2ブログ

70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

陣場-津軽湯の沢 (奥羽本線) 1969

jimba_05.jpg

矢立峠の列車運転の凄まじさには度肝を抜かれたのだった。
1969年の親父に連れられた道南旅行から足を伸ばした初訪問では、峠の宿とばかり思っていた相乗温泉がプールを備えたジャー施設とは知らず面食らったのも然り乍ら、その部屋のすぐ先を往く峠越えの機関車の咆哮と山間に響き渡る太い汽笛には、鬼気を感ずる程だったのである。
函館山線のC62重連急行に始めて接した時も、それが水戸駅で出発を眺めた<みちのく>を牽いたのと同じ機関車とは、とても思えなかったけれど、ここのD51はその山線のそれとも別の機関車であった。後補機を付けた運転も渡島大野から仁山への勾配に、東北本線の十三本木峠を延々と越えた急行列車に、それの乗客しとては体験し、常紋越えの運転も見ていたはずはずなのに、その凄まじさは想像を絶していたと云えば良いのだろうか。
ここは、常紋の600tに対して950t牽引をやっていたのである。前補機に前々補機を付けた所謂三重連は定期仕業に無くなっていたものの、大半の貨物列車は前補機に後補機、もしくは後補機に後々補機による三台運転が常態であり、谷の狭いこの区間ではその折り重なる凄まじいドラフトが、耳を劈かんばかりに山間を支配するのだった。そして、吹き上げられた石炭の煙は次の列車まで谷に漂い、ここはそれの絶えることの無い峠でもあった。

陣場から津軽湯の沢は5.8キロとさほどの距離のあるでは無いのだが、この当時には列車本数も多く、第四矢立隧道を頂点とした勾配を行き来しての撮影では移動に時間を要して効率も落ちるゆえ、初日を陣場側、二日目を湯の沢側と決めてロケハンに歩き回ったものの、狭い谷間に隧道を連続する線路には、なかなかに編成長い950t列車の3台運転をひとつの画角に収められる位置の見つからなかった。持参した8mmム-ヴィにと津軽湯の沢から遠く引いた山頂にも登ったのだけれど、それでも35ミリカメラの画角には足りなかったものである。ロケハンに歩くうちも、後補機付の列車が次々に追い抜いても行き、気の急かされたとも記憶する。
この頃に、構内向こう側で新線(新駅)の土工工事の始まっていた陣場駅を訪ねると、湯の沢までのダイヤを模写したガリ版のプリントをくれた。蒸気撮影がブームと呼ばれ始めた当時、ダイヤを尋ねられることも増えて用意したと聞いた。とは云え、この秋の連休に出会った御同輩はひとりだけで、この峠が狂乱の舞台と化すのは翌年夏のことであった。ブームとは俄参入者にて形成されるものである。

写真は、第六矢立隧道付近での551列車。東北線電化で青森に転じていたD511を前補機に後補機も付いた3台運転なのだが、前部重連とすら分からない撮影ポジションの経験の浅さが恨めしいカットではある。
矢立旧線の体験はこの二日間だけに終わったものの、矢立峠の名は脳裏に深く刻まれ、以来幾度となく訪れる動機となっている。

[Data] NikomatFTN+AutoNikkor5cm/F2 1/125sec@f4 Y48filter NeopanSS Edit by PhotoshopLR4 on Mac.
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/151-658fc785
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)