FC2ブログ

70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

佳景山 (石巻線) 1973

kakeyama_02-Edit.jpg

非電気運転の地方交通線における貨物列車の運行は壊滅状態にある。勿論、その大半は国鉄が車扱輸送を原則的に廃止した1984年2月改正にて失われたのだが、日本貨物鉄道発足以降に辛うじて残されていた線区・区間も同社の非採算輸送からの撤退方針に荷主側も従う形での廃止の続く現況である。
コンテナ車にタンク車ばかりの組成乍ら富山・高岡地区にまとまって残存するものの、何れも短距離の上にそこは撮りたくなるような沿線でもない。釧網本線や紀勢本線が過去帳入りすれば、石北本線のコンテナ車や山口線のホッパ車編成列車の注目されるのは、これからも必然であろうか。
そして石巻線である。2011年の災禍にて石巻埠頭が被災して以降の永い運休を経て、現行ダイヤにては従前の7往復運行に復帰、加えて瓦礫輸送列車の地方交通線貨物に例の無い運転は衆目を集めるに十分である。
ここでの貨物列車の頻発運転は今に始まったで無く、この蒸機の牽いていた当時でも同様で、さらには女川や渡波発着も加わって、小牛田-石巻間には9往復が往来していた。機関車の小型タンク機は些か物足りないし、沿線風景も凡庸に思えたここへ通ったのは、偏にその数を稼げる撮影チャンスからであった。

この仙石線石巻港発着の貨物運行は、1939年11月7日に当時の宮城電鉄が宮電山下(現陸前山下)で分岐する貨物支線とその終端に釜停車場を開業したことに始まる。ここには予てより王子製紙の出資した東北新興パルプの石巻工場が建設中で、同日には釜から同工場への専用線も開業して、この支線は始めから工場の原料搬入と製品輸送に要求されたものであった。戦後の1953年7月20日には旧北上川河口の岸壁への分岐線に(初代)石巻港駅を開業して水陸連絡貨物も扱い、1968年10月11日には新設の石巻工業港へ延長し石巻埠頭駅を置いて、そこに立地した飼料工場製品の出荷輸送も行われた。
石巻線貨物列車と云えば、ワム80000を連ねた姿を思い浮かべる向きの多かろうが、それは有蓋貨物車に多くの余剰車が発生して保有車の同形式への統一と物資別適合車への改造も進んだ日本貨物鉄道発足後のことであり、この1970年代には鉄製有蓋車を中心にチップ輸送向け改造無蓋車やホッパ車、タンク車など多様な貨車で組成されていたのである。

写真は初冬の朝の860列車。逆向き運転が石巻港(旧釜)発列車の証になる。
凡庸な風景にも、大崎平野の東端に浮かぶ欠山の丘陵北端をかすめる勾配には力行してくれる。

[Data] NikonF photomicFTN+AutoNikkor50mm/F2 1/250sec@f8 Y48filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopLR4 on Mac.

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/138-b3f0d7cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)