FC2ブログ

70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

焼石-少ヶ野信号場 (高山本線) 1988

shogano_01-Edit.jpg

2013年の夏も豪雨の災禍が続いた。それにて毎年何処かの鉄道に長期不通を生ずるのは年中行事化の感さえある。天然地盤に築造された構造物は永続性を要求され乍らも自然に最後までは購えないのだろう。もちろん復旧への工事が続けられてはいるのだが、中には復旧を放棄されたり資金難からそれの危ぶまれている線区もある。

道幅全てが水流と化した表参道の坂を足首まで浸かりながら渡ったことや、滝のごとき急流の渋谷駅前の歩道橋を昇ったことは在っても、幸いなことに水害の災禍に巻き込まれた経験は無い。
7月28日の12時10分に山口県須佐で観測されたと云う、記録的短時間雨量の138mm/hとはどんな豪雨だったのだろうか。
気象庁の分類では、時間雨量80ミリ以上を「猛烈な雨」と区分して、それは「息苦しくなるような圧迫感がある。恐怖を感ずる」降り様とされている。「傘は役に立たず」に「水しぶきであたり一面が白っぽくなり、視界が悪くなる」状況と云う。
これなら一度だけ出くわしたことがある。高山線の釣鐘トンネル出口抗口上の国道脇から第五益田川橋梁を見る定番の位置で列車を待った夏の日である。その日の天気図は覚えていない。早朝からの蒸した曇天は昼過ぎから降雨となっていた。ここを16時50分前に通過するユーロライナー編成の9606<奥飛騨>を待っていた訳だが、その直前、突然に豪雨と変わり、激しい降水と路面から跳ね返る水飛沫で自分の周囲しか見えなくなって、その轟音には確かに息苦しく、路面を滑って谷へと流れ落ちる足元の水流には恐怖すら覚えたのだった。三脚上のカメラにはゴアテックスのスタフバッグを被せて防水していたけれど、傘など直接にシャワーを浴びないだけで、これも確かに役には立たなかった。あのような場所なので、鉄砲水や落石の危険も在っただろうに、激しい飛沫に包まれてはとても考えは及ばなかったのが正直なところである。

豪雨がまともに一時間も続けば災害に発展しただろうが、幸いなことに20分程で小止みとなって免れた。気がつけば山側の直立した斜面からは滝のように水が流れ落ちていた。僅かに5・6メートル先の、それにすら気がつかない轟音の降雨に水飛沫だったのである。
豪雨災害の報道に接する度に、この経験を思い出している。あの状況下ではとても避難など出来るものでは無い。

下呂に戻って聞いたが、これも気がつかぬまま橋梁を通過した9606は、危険を感じた機関士の判断で釣鐘トンネル内に停車の後、最徐行で運転したそうである。下呂や焼石での雨量は警戒域に達せず、極めて局所的な降雨だったらしい。
写真は、その関係からか定時を遅れての706D<のりくら6号>。恐怖の覚めやらぬ中でのレリーズで意識していなかったけれど、現像を上げてみれば幽玄の山峡が好ましいカットになっていた。

余談だが、下呂で夕食に入った食堂の主人は、ずぶ濡れの姿にストーブを用意してくれた。有り難く暖まっていると全身がもうもうと湯気に包まれ、それを見た主と共に大笑いした覚えが在る。

[Data] NikonF4s+AiNikkor50mm/F1.4S 1/250sec@f2.8 Fuji SC42filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopLR4 on Mac.

関連記事

コメント

いつも、ありがとうございます。

思い出すことがありますれば、
また、何かしら書かせて頂きます。
永く、撮影を続けてますと、確かに色々とは
有りましたゆえ。

  • 2013/11/10(日) 00:05:21 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

いつも楽しみに拝見しております。
写真とともに、このような当時の思い出話もどんどん聞かせてください。

  • 2013/11/09(土) 13:02:51 |
  • URL |
  • mono #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/135-8d832148
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)