FC2ブログ

70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

平岩 (大糸線) 1987

hiraiwa_02-Edit.jpg

姫川の谷を平岩あたりまで遡れば温泉地帯となる。駅下流の姫川沿いに姫川温泉のまとまった旅館街があり、上流に辿れば川沿いにも旅館が建ち、これも姫川温泉と呼んでいるようだった。
葛葉峠への当時の国道148号線のつづら折りに白馬温泉が、峠近くから50メートル程を谷に下ったところには蒲原温泉があった。
それが何処であったか、どうしても思い出せないのだけれど、この頃国道を外れたあたりに露天風呂が湧いていた。と云っても脱衣所さえ無い単なる湯壷である。白馬温泉よりもやや下ったあたりだったような気もするし、そこから姫川の近くに出た位置だったようにも思える。
葛葉峠途中のドライブイン横で数カットを撮影して、つづら折りを駅に戻りながらロケハンのつもりで踏み入れた道すがら、単車旅行のライダーが入浴していたのを見つけてご一緒させてもらったのである。彼の単車がそばに停めてあったから傾斜地ではない。湯舟も二人が十分入れるサイズだった。彼も偶然景色を眺めに停まって見つけたと云う。そこには何の掲示もなされるでも無いし、周囲にそれを附属させる建物も無く、そこから湯の引かれるでも無く、だだこんこんと湯が湧いていた。
無色透明の泉温は、かなり熱かったのだけれど、峠の登りで汗をかいた身体には快かったと覚えている。
これが今も在るものか分からないが、もしご存知の方がおられればご教授頂きたい。果たしての無断入浴の是非を。

この頃、富山運転所には西日本旅客鉄道の承継した非冷房のキハ58/28が集められ、主に高山線と大糸線運用に就いていた。冷房搭載車の2両の配置もあったけれど、キハ58とあっては宝の持ち腐れである。後に大糸線色と呼ばれる塗色への変更が順次進められていた。
列車は432D、南小谷行き。

[Data] NikonF3P+AiNikkor105mm/F1.8S 1/500sec@f4 Fuji SC48filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopCS4 on Mac.
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/131-acbabb1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)