FC2ブログ

70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

坂町 (米坂線) 1971

018-24-Edit.jpg

途中駅から折返運用となる編成を、より以遠への運転列車に併結して送込むのは電車や気動車には容易いことで、運用例は数多在る。かつての機関車列車、客車運転の時代にも例は少ないながらも、この運用形態は列車設定の必要上から施行されていた。
気動車の運用では、線路容量や乗務員運用の都合からだが、機関車列車での例は機回し線の設備の無い駅からの折り返しや機回し時分を確保出来ないダイヤ構成を事由にしていた。
列車は後位が対向する向きで前後に機関車を連結した双頭列車の形態になる。勾配区間なら補機ともなろうが、後部機はぶら下がるばかりが大半だったと思う。

米坂線にもその例が在って、坂町から上り始発の124列車は途中越後下関まで、同駅より坂町行きとなる1123列車編成を後部に機関車とともに連結していた。
道内撮影の途上に米坂線へ坂町から入ると、青森への前途はそこを15時過ぎの<しらゆき>に限定されてしまって半日しかスケジュールが取れないから、それは奥羽本線夜行からの米沢を起点にしていたのだけれど、始発列車となればそうも往かずに午前4時前の坂町に秋田行き夜行<鳥海>を降り立つことになった。半日だけのスケジュールはその夜を新津に戻っての駅寝として翌日に羽越本線を組み込んで一日に延ばしていた。

それが一番列車だから、その前に移動出来る列車は無い。当時には健在だった花立近くまでなら歩く時間は十分にあったけれど坂町に留まったのは、平坦区間に後部機は力行しないと判断したからだった。
小国より1121列車で1番ホームに到着した編成が、その牽引機をそのままに米沢方へ機関車を連結して124列車となる。
朝のひと仕事を終えた機関車が後部でも盛んに煙を上げいた。

[Data] NikomatFT+AutoNikkor50mm/F2 1/250sec@f5.6 Y48 filter NeopanSSS Edit by PhotoshopLR4 on Mac.
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/125-16612ae4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)