FC2ブログ

70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

女川 (石巻線) 1972

onagawa_02-Edit.jpg

小牛田から石巻まで、鳥谷坂の一箇所を除き大崎平野に点在する丘陵地を避けて建設された石巻線だけれど、1939年10月7日の女川までの延長に際しては、北上高地がその最南端で牡鹿半島に収束する低い海岸丘陵を越える線形が選ばれ、20パーミルの勾配が介在していた。陸前稲井の先の大和田トンネル(623M)と女川手前の女川トンネル(640M)の前後区間である。
この延長以前からこの区間に存在し、代替にて廃止された金華山軌道は北上川河口に近い石巻湊を起点として女川街道沿いに万石浦北岸に出て、浦宿からも丘陵の谷を抜けて鷲ノ神に達し、そこに女川駅を設けていた。石巻線の延長線は万石浦沿いをトレースする区間こそ、ほぼ金華山軌道の経路を踏襲しながら、その両端で峠越えを選ばざるを得なかったのは、それぞれ既存市街地の通過となって用地確保が困難であったためであろう。
1939年当時、女川の市街地は鷲ノ神地区に発達し、現在の女川地区は役場に学校が設けられた程度の新興地区だったから、女川駅は必然的にここに置かれることとなり経路上に女川トンネルを要したのだった。

駅前広場の左の道を線路沿いに辿れば、それはやがて小道となって斜面に取り付き、周辺から18パーミルを登る曲線が見下ろせた。石巻線は大崎平野の平坦線でもC11には重たい貨物にそこそこ力行してくれたけれど、本格的に煙を期待するならこのポジションが好ましく、幾度か立った場所だった。仙石線支線の釜発着列車が上りの逆向き運転に対して、転車台の在る女川発着は常に正向運転も有り難かった。

列車は868列車、女川港からの小牛田行き。
施工基面高で10メートル程の列車位置あたりまで、過日の災禍は押し寄せた。

[Data] NikonF+P-AutoNikkor50mm/F2 1/125sec@f5.6 Y48filter NeopanSSS Edit by PhotoshopLR4 on Mac.
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/103-a58f029b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)